健康

糖尿病の抑制効果のある「○○」に含まれる『ある』物質とは?

ねお
海外に出ると一番不便を感じるのは「〇〇」が飲めないことです。

海外にも最近はコンビニができていますが、この「〇〇」に関しては、砂糖やコーンシロップが入っていたりして飲めたものではありません。

さて「〇〇」とは何でしょうか?

実は2012年の最新の論文報告で「〇〇」に関する重要な健康効果が報告されましたので、ご紹介したいと思います。

まず一つ目は、上海で7万5千人の女性(タバコや酒を飲まない)を対象に平均11年間調査した研究です。

その結果、

関連

規則的に緑茶を飲む(6か月以上にわたって週に最低3回摂取が条件)女性はすべての消化器系のガンが緑茶を飲まない女性より17%も少なかったというデータが出ました。1日2~3杯緑茶を飲む女性ではさらに21%もガンの発生率が少ない結果でした。これを20年間続けている女性では、さらに27%のガンの発生率が少なくなります(American Journal of Clinical Nutrition 2012 Nov;96(5):1056-63)

この緑茶の効果は成分である「カテキン」の抗酸化作用などによる遺伝子保護作用ではないかと著者が推測しています。カテキンはこれまでも

ポイント

・認知症
・高脂血症
・動脈硬化
・脳梗塞
・関節リウマチなどに伴う関節痛の軽減

など多数の作用が報告されています。

さらに2012年の最新の論文報告では、緑茶がコーンスターチのようなテンプン質の炭水化物を摂取したときの血糖値の上昇を抑えたことがラットの実験で分かりました(Molecular Nutrition & Food Research 2012 Nov;56(11):1647-54)。

緑茶がダイエット効果をもたらす可能性が示唆されてきましたが、脂肪の燃焼効果だけでなく、血糖値を下げることもダイエット効果に関係しているかも知れません。

船長マテオ
日本人の平均寿命にも緑茶が貢献してきたことでしょう。

こちらもCHECK

ビタミンCはレモンの2倍!

「あの人、ちよっとピーマンよね」などの会話を聞いたことがめるでしょうか。 野菜の話ではなく、じつはすこし前にはやった言葉なのですが、人物評の表現の一種とでもいいましょうか。ピーマンは果肉が少なく、中身 ...

続きを見る

 

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5