美容

体内の水分量は減らさない

インフルエンザウイルスなど、人に感染して風邪症状を引き起こす病原菌は、気温20度、湿度65%の環境では活動力を弱めることが知られています。

高温、高湿度のもとでは死んでしまうのに、低温、低湿度のもとでは長時間生き残り、空気中を浮遊し続けるのが風邪ウイルスの特徴です。

冬に風邪が流行しやすいのはこのためで、冬になると「加湿に気をつけるように」とメうたまり文句を毎日聞くことに私たちばなります。

「手洗い・うがい・加湿」は、風邪予防の三原則のように語られています。私からいわせればこれらは単なる水際作戦にしかなりません。もちろん、敵を自陣営に入れない作戦は大事です。しかし、それがかえって自分の体を弱めてしまうケースもあるのです・・・。

冬になれば、自宅内での加湿にいくら気を配ったところで、外出先で風邪ウイルスが蔓延している危険性は否めません。人が大勢集まる場所ほど、その危険性は高まるでしょう。

風邪ウイルスに対する最大の防御は、自分の体の免疫力を高めておくことです。そのためには、「栄養・休養・睡眠」とよくいわれます。しかし、それに加えて大事なことがあります。自分の体を水で潤しておくことです。

私は、外環境の加湿以上に、自分の体内の加湿こそ大事だと考えています。

私たちの体は、約60%が水分でできていることはお話ししました。体重60kgの人なら、体内の水分は約36kgにもなります。

そのうち、毎日約2・5Lもの水分が汗や尿、呼吸などによって排出されています。

そこで私たちは、食事や飲み物によって失った水分を補給しています。この入れ替え作業を毎日していることを単純に計算すると、約15日間で体内の水分がすべて入れ替わることになります。

では、この入れ替え作業に滞りが生じたらどうなるのでしょうか。

体内から水分が2%減ると、のどに渇きを感じます。のどが渇くというのは、水分がたりていないと訴える体内からのSOSだと考えています。ウイルスなどの病原菌が入り込みやすい状況に体があることを示している、危険信号だと考えてよいでしょう。

水はのどに渇きを感じる前に、チビリチビリと飲むことが大事です。体に水が満ちていれば、たとえウイルスが侵入してきたとしても、体内で生き延びられないからです。

しかし、この体かからのSOSを放置してしまうと、どうなるでしょう。

体から3%の水分が減ると、のどの渇きはもはや感じなくなります。血液はドロドロになり始め、腸の働きも悪くなります。すると、免疫力の低下が起こります。風邪などの感染症にかかりやすく、治りにくい体内環境になってしまうのです。

さらに6%の水分が減れば、脱水症状が起こります。命に危険がある状態です。

風邪を予防するには、のどが渇く前に水を飲む習慣を持つことが第一です。加湿やマスクの着用などはその次にするべきことです。良質の天然水を日常的に飲むことこそ、風邪の予防には大事なことだったのです。

なお、風邪をひいたとき、夜間に痰がからみ、咳が止まらないときには、寝る前に天然水をたっぷり飲んでおきましょう。水を飲むと痰がきれやすくなるからです。

下痢や喧吐が続くときには、体液の電解質濃度に近いスポーツドリンクなどを一口ずつゆっくり飲むようにしましょう。

こちらもCHECK

永遠の若さを保つ法

永遠の若さを保つ法 これからご紹介するリストを実践していけば、決して病気にはならない、若々しい体を取り戻せるようになります! しかも短期間で。 体は自然体が一番です。体を治すのは、医者でも、薬でも、手 ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-美容

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5