美容

今すぐできる 効能別 適正湯温&入浴時間

ねお
お風呂の湯温、入浴時間の仕方によって、様々な効能が生まれ、疲労回復はもちろん、心のケアまでも行えます。その日の体調や気分に合わせて、自分にぴったりの入浴方法を取り入れましょう!

CASE1:満員電車で疲れきった・・・。

ストレスや足の疲れに効く

満員電車などで起こる精神的なストレスや足の疲労にはこの入浴法が効果的。最初の5分間は全身浴で浮力を感じながらリラックスをして残りの10分は足の疲れを取るために半身浴にしましょう。

湯温:39℃
入浴時間:15分

CASE2:疲れにくい体をつくりたい。

体をケアして疲れに強くなる

肩まで浸かれるくらいの湯量でゆっくり入浴すると、体温が2℃ほど上がります。お風呂からあがったら、時間をかけて体温を下げる。エアコンの冷房は避けて、汗がなかなか引かない環境がベストです。

湯温:40℃
入浴時間:20分

CASE3:目の疲れと肩こりが辛い。

疲れ目と肩こりを軽減。

最初の5分は全身浴で、腕の上げ下げなどの簡単なストレッチを行う。次に半身浴で10分浸かり、瞼の上に絞ったタオルを置く。この時に眼球をグルグル動かしましょう。

湯温:39℃
入浴時間:15分

CASE4:運動後の体をケアしたい。

筋肉疲労を取り除く

ランニングなど筋肉を長く使った日は、39℃のお風呂に20分以上浸かるようにしましょう。疲労回復のためには長くお風呂に入り、血液の循環を良くすることが大切です。最初は全身浴で、上半身が温まったら半身浴に切り替えよう。

湯温:39℃
入浴時間:20分以上

CASE5:ポジティブになりたい

ブルーな気持ちをリセット!

41℃と、熱めのお湯に浸かることで頭がクリアに。仕事のミスなどトラブルを抱えてしまった時は、これで気持ちの整理がしやすくなります。ただし、重大なミスを犯した時は、ぬるめのお湯で自責の念を和らげよう。

湯温:41℃
入浴時間:5分

CASE6:集中力を高めたい

頭がシャキッと動き出す!

熱いお湯に入る事で頭がすきっとします。長く入ると疲れてしまいますので、時間は短くすること。夏は半身浴、冬は全身浴で入りましょう。入浴後の仕事ははかどりますよ。

湯温:42℃
入浴時間:3分

CASE7:寝不足に負けそう

眠気覚ましにぴったり!

眠気をなくすには、交感神経を優位にする必要があります。熱めのシャワーを浴びることで体が目を覚まします。睡眠時間がとれず、寝不足だけど動かなければいけない時はおすすめです。

湯温:43℃

CASE8:美肌を手に入れたい!

乾燥を防いでスベスベに!

冬から春先までは肌が乾燥してかゆみを感じやすい時期です。入浴すると肌が乾燥するので、ぬるめのお湯で短時間の全身浴がオススメです。うっすらと汗が出てきたらお風呂から上がりましょう。また、お風呂から上がったら10分以内にココナッツオイルなどで肌のケアをしましょう。

湯温:40℃
入浴時間:5分

CASE9:立ち仕事で足がすくむ!

ゆっくり浸かってむくみ足をスッキリ!

足のむくみを緩和するためには血液循環を良くすることが大切です。ゆっくりと長くお風呂に浸かって、全身に血液を巡らせましょう。また、半身浴より全身浴がオススメです。

湯温:39℃
入浴時間:20分

CASE10:長時間の車の運転で肩こり・腰痛が!

渋滞で疲れた肩や腰のケアに!

渋滞に巻き込まれたり、長時間の運転によりストレスいっぱいで肩や腰はガチガチ。そんな日には、41℃の熱めのお湯に浸かる。浴槽内で簡単なストレッチをしましょう。肩こりには全身浴、腰の張りには胸くらいの水位がオススメです。

湯温:41℃
入浴時間:10分

こちらもCHECK

意外と知らないお風呂の7つの豆知識

入浴に関する情報はまだまだたくさんありますが、知って得する7つの豆知識をご紹介します。 入浴のメリットを余すところなく得るためにも知識を身につけ、お風呂や入浴剤をうまく活用しよう! 一番風呂のピリピリ ...

続きを見る

CMで話題沸騰中!!

-美容
-

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5