美容

ニキビ・ふきでもの

ねお
ニキビと言えば、昔は青春のシンボルでしたが、今では大人になってからニキビやふきでものができて、お困りの方が少なくありません。

特に「大人ニキビ」は口のまわりにできることが多く、思春期のニキビとは少し原因が違っています。

思春期にはホルモンバランスが乱れやすく、女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位になります。

男性ホルモンは皮脂腺の動きを活発にするので、皮脂の分泌が盛んになり、かつビタミンA不足による毛穴の角化異常(皮脂の出口が狭くなる)が起きた場合、毛穴に皮脂が詰まって、ニキビができやすくなるわけです。

さらに皮脂を餌として、細菌が増殖したところに、白血球がやってきて細菌を食べてしまうと、炎症が起きて膿をもった赤いニキビになります。

鉄不足・ビタミンB群不足・糖分の摂りすぎが原因

思春期のニキビは、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れていることが主な原因ですから、第二次性徴が進むと、自然と治る場合がほとんどです。

一方、大人ニキビの原因は様々です。思春期のニキビと同様、毛穴の角化異常による皮脂の詰りは、大人ニキビの場合にも大きな原因になります。

その他、口のまわりにできるニキビは鉄分不足が関係していますし、甘いものの摂りすぎやストレスなどによって皮脂の分泌が増えることが原因で、ニキビができる場合も少なくありません。

ビタミンB群不足で皮脂の分解がスムーズにいかないことも、ニキビの原因になります。

ニキビの原因であるアクネ菌を殺す抗生物質での治療や光療法は対処療法にすぎません。鉄不足、糖分の過剰摂取、ビタミンB群不足、毛穴の角化異常などを放置したままでは、治療を止めると、必ず再発します。

角化を正常にするビタミンA、皮脂の分解を助けるビタミンB群、コラーゲンを強化するアミノ酸・ヘム鉄・ビタミンCなどの栄養素の補給、そしてストレスコントロールや糖質制限などが根本的にニキビを治すためには、欠かせません。

また、ゴシゴシと洗顔料をつけ洗顔をしないことです。体を守る大切な菌を殺してしまいますので、顔を洗う時は、水でさっと流す程度で十分です。

こちらもCHECK

皮膚は排泄する臓器

ねお皮膚の正しいケアをしていくためには、まず、皮膚がどのような構造や働きをしているのかを理解して頂く必要があります。 皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織の3つに分けられます。リノ 表皮 表皮には、「 ...

続きを見る

-美容

© 2022 Noe style New life Powered by AFFINGER5