健康

市販マヨネーズの危険性

マヨネーズは卵黄、植物油、塩、香辛料を原料にしています。

リリアナ
保存料は使用していないものが多いですが、調味料(アミノ酸)や増粘多糖類を使用しているものもあり、注意が必要です。

定番のマヨネーズも魔法の添加物を使用!

代表的なマヨネーズで、日本人なら誰でも知っているでしょう。

キューピーマヨネーズは、日本人なら誰でも知っているでしょう。

マヨネーズの主原料は、卵黄、植物油、塩、香辛料です。それらを混ぜ合わせて泡立てます。

通常、油と水は混じり合いませんが、卵黄には乳化作用のあるレシチンが豊富に含まれていますので、混じり合ってクリーム状になります。

これが、マヨネーズなのです。

JAS規格では、マヨネーズには保存料と着色料は一切使えないことになっています。

着色料は色をごまかすことになるからでしょう。

でも「どうして保存料を加えないのに腐らないの?」と不思議に思っている方もいるかもしれませんね。

卵黄はたんぱく質を豊富に含んでいますので、本来腐りやすいはずです。

その答えは、醸造酢の防腐効果にあるのです。

ご承知のように酢には酢酸が含まれていて、それには強い殺菌作用があります。

マヨネーズには、通常、植物油が65%以上含まれていますが、これは腐りません。

そのため、残りの分に含まれる酢と塩の量を調節することで、全体の腐敗を防ぐことができるのです。

この製品には、調味料(アミノ酸)が添加されています。味を濃くすることが狙いでしょうが、できれば鶏卵と塩、香辛料だけの自然な味にしてもらいたいものです。

なお、キューピーからは「キューピーハーフ」というマヨネーズも販売されています。

脂質を減らしてカロリーを半分にしています。代わりに砂糖類(砂糖、水飴)や増粘多糖類が使われています。

しかし、増粘多糖類の中には、トラガントガム(腫瘍性の疑い)、ファーセレラン(催奇形性の疑い)、カラギーナン(腫瘍促進作用)など問題のあるものばかりです。

1品目を使った場合、具体名が表示されますが、2品目以上使うと、なぜか「増粘多糖類」という表示でよいことになっています。そのため、たとえそれが使われたとしても消費者には分かりません。

安心して食べることのできるマヨネーズを作れば、そんな心配もいりませんよね。

こちらもCHECK

超健康食レシピ集

病気にならない超健康食レシピ集 病(やまい)を解消するには、どうすればいいのでしょうか。 その答えを探すためには、人類の歴史を紐解く必要があります。そもそも、人類が爆発的に増加するきっかけとなった事件 ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5