ダイエット

『高齢者に最適な筋トレとは?』

ねお
タンパク質を十分量含む食事以外にも筋肉量をキープする秘訣はあるのでしょうか?
筋肉アップといえば筋トレ(resistance training (RT))です。
リノ

筋トレでは、限界に近い重量で短時間かつ短時間の間隔でリピートする「高強度インターバルトレーニング(high-intensity interval training, HIIT)」法の有効性がここ数十年で証明されています。

 

この方法は高齢者のサルコペニアにも有効されていますが、筋トレの強度はむしろ少し落とした方法と効果は変わりがないか、その方が良いという結果も出ています。

 

シンジ
これは、あくまでも健康とされる高齢者の場合ですから、すでに何らかの慢性病の状態にある高齢者には、ストレスのかかる筋トレそのものをお勧めできません。

 

ヨガなどで体幹および柔軟性を重視したトレーニングの方が糖のエネルギー代謝を高めることができます。

糖のエネルギー代謝を高めると、筋肉合成作用が最も強いジヒドロテストステロン(DHT)の合成も高まります。
シンジ

ジヒドロテストステロン(DHT)の元になるテストステロンの高齢者の投与によっても、筋肉内のタンパク質合成および筋力が高まります。

 

しかし、テストステロンはストレス化でエストロゲンに転換されるため、お勧めできません(DHTはエストロゲンに変換されない)。

 

ちなみに、赤ワインのエストロゲンであるレスベラトロールと同じ化学構造を持つエストロゲン様物質(stilbestrol:多大な副作用でマーケットから撤収された医薬品)を投与した他の臨床実験では、タンパク質合成は高まりませんでした。

 

糖のエネルギー代謝を低下させるエストロゲンを投与では、ストレスによって筋肉が水膨れしますが、筋肉合成は高まらないのです。

 

したがって、エストロゲンで筋肉が大きくなったように見えても、筋力は低下していきます。

 

トップクラスのアスリートは、硬い筋肉で体がガチガチになっているのではなく、柔らかい筋肉で柔軟性が優れています。

 

リノ
そのため、スポーツに付随する怪我がすくないのです。

 

機能的な柔らかい筋肉をキープするためには、十分なタンパク質量の食事と過度のストレスのかからないヨガ、体幹トレーニングなどのエクササイズが最適です!

こちらもCHECK

『急な体重増加と体重減少の意味するもの アスリートの方へ』

ねお思考が煮詰まってくると、気晴らしにスポーツの記事を読む事があります。   ねお先日、ある日本のプロ野球選手が打撃の調子が良くなっていたらしく、このオフの間に20kgの体重増加があったこと ...

続きを見る

-ダイエット

© 2022 Noe style New life Powered by AFFINGER5