ダイエット 美容

『急な体重増加と体重減少の意味するもの アスリートの方へ』

ねお
思考が煮詰まってくると、気晴らしにスポーツの記事を読む事があります。

 

ねお
先日、ある日本のプロ野球選手が打撃の調子が良くなっていたらしく、このオフの間に20kgの体重増加があったことが話題になっていました。

 

1日に9合の米や20杯以上の豚骨ラーメンをたべて体重を増やした選手もいるといいます。

 

その一方で、ある日本のプロ野球選手が監督の勧めで体を絞って9キロ体重減少したことが記事になっていました。

 

しかし、この記事ではプロのトレーナーの重要な意見が掲載されています。

 

それは、大切なのは「筋肉量(除脂肪体重)であって、体重そのものではない」ということです。

 

急激な体重増加は、脂肪の増加によるものです。

 

筋肉の合成は短期間ではこれほどアップしないからです。

 

炭水化物を極端に過剰に摂取するとエネルギーとして使用されない余剰分は、脂肪へと変換されて備蓄されます。

 

この場合の余剰の炭水化物から合成される脂肪は、飽和脂肪酸であってオメガ3のように容易に酸化されて悪影響を与えるものではありません。

 

しかし、余分な脂肪の重量のおかげで、それを支える体に負担がかかります。

 

特に全身の関節、靭帯組織に負担がかかってきます。

 

負担のかかる部位に炎症が発生し、関節、靭帯が硬化して可動範囲が狭くなってきます。
リノ

 

これで関節が動かないと筋肉も動かすことができなくなるため、筋肉も硬化します。

 

船長マテオ
これが、アスリートたちが勘違いして体重を増やす筋トレ(アウターマッスル中心の筋トレ)を行うと、故障が起きて引退せざるを得なくなる理由じゃ。

 

「筋肉隆々の体はゴルフに必要ない。ゴムまりのような強くて柔らかい筋肉を作ることが大切」

 

これは、ジャンボ尾崎氏(ずば抜けて頭がいい)の言葉です。

 

これは、すべてのスポーツだけでなく、私たちの日常生活でも参考になる筋肉の質の話です

(この急激な体重増加のプロ野球選手は開幕から不振が続き、二軍行きとなっています)。

 

リリアナ
さて、一方の急減な体重減少も危険です。

 

この場合は、ストレスホルモンであるコルチゾールの作用によって、脂肪だけでなく、筋肉が分解されているからです。

 

「数ヶ月で何Kgの体重減少達成!」という広告をよくみかけますが、これは確実に筋肉を分解しています。

 

筋肉の分解は、ガンや糖尿病の末期の特徴ですが、老化のサインです(寿命が低下する、あらゆる病による死亡率が高くなる)。

 

これは筋肉分解によって甲状腺機能(=糖のエネルギー代謝)が低下することと、プーファを処理する筋肉が少なくなりプーファがその分さらに蓄積するからです。

 

さらに筋肉分解に先立って発生している脂肪分解、つまりリポリシスであらゆる慢性病の引き金が引かれます。

 

急激な体重減少や増加は、確実に糖のエネルギー代謝を低下させていきますので、プロをめざすお子さんだけでなく、みなさんも気をつけてください。
ねお

 

こちらもCHECK

カロリーダイエットの落とし穴

ねおこれまでダイエットの常識とされ、人々に根強く浸透しているカロリーダイエットには、実は恐ろしい落とし穴があります。 そもそもカロリーダイエットとは「消費カロリー」より「摂取カロリー」を抑えることでで ...

続きを見る

-ダイエット, 美容

© 2022 Noe style New life Powered by AFFINGER5