健康

加工でんぷんがアレルギーを引き起こす!

でんぷんと化学薬品をミックスした、合成たんぱく質である「加工でんぷん」。

ねお
パッと聞いただけでは、何かわからないネーミングですが、これも立派な食品添加物です。

コーンスターチ(遺伝子組み換え)、小麦粉、タピオカなどの穀物でんぷんに数種類の化学薬品を混ぜ合わせた「合成でんぷん」のことを言います。

この加工でんぷんを入れると食品に粘り気が出たり、泡立ちが良くなったりします。

たとえば、パンは時間が経つとだんだん固くなりますが、いつまで経ってもふわふわ柔らかいまま。ご飯を冷蔵庫に入れたらカチカチになるところ、レンジでチンしたらふんわり炊きたてのようです。

そんな不自然な状態が起こる場合は、おそらくこの加工でんぷんが入っていると思われます。

菓子パン、洋菓子、サンドイッチ、お惣菜、ドレッシング、ソース、ハンバーガー、インスタントラーメン、レトルト食品・・・・。

あらゆるものに入っています。

増粘剤、ゲル化剤、乳化剤、安定剤、糊料といった表示がこれにあたります。

この加工デンプンの怖いところは、原材料の穀物に含まれるグルテンなどのたんぱく質が、化学薬品と結合する際に、副産物として、未知の「合成たんぱく質」が生成されることです。

これまで体感したことのない異質なたんぱく質が私たちの体内に入ってくると、当然のことながら、腸で吸収される際に「異物」として認識されます。

すると、私たちの免疫系統は抗体をつくって異物をやっつけようと攻撃を始めます。

つまり、この合成たんぱく質は、アレルギー反応を引き起こす自己免疫源となるのです。

ひいては、慢性炎症、慢性疾患へとつながります。

ひとつひとつの食品には少量かもしれませんが、長い間に蓄積した場合を想像してみてください。

添加物のない天然のものを食べ続けた場合と大きな差が出ることは歴然としています!!

リリアナ
「加工でんぷん」要注意です。

こちらもCHECK

ハイテク操作された発酵菌でつくられた発酵食品!

味噌や醤油は、味噌蔵や醤油蔵に生息している麹菌の自然のカ、日本酒は、酒蔵に生息している酵母菌の自然のカ、納豆は、わらに生息している納豆菌の自然のカを活用して作られていました。 これらの発酵醸造菌は、ど ...

続きを見る

 

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5