健康

「純水」は体を壊す!?

水道水を使うのか、地下水を使うのかはメーカーによって異なります。

ねお
日本コカコーラは「水道水を、イオン交換処理または濾過によって、ミネラルや残留塩素、その他の有害物質を除去して、純水として使っている」といいます。

水道水には、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル、消毒に使った塩素、塩素が有機物と反応してできたトリハロメタン(肝障害、腎障害を引き起こす化学汚染物質)など、微量ながら混じっています。

それをイオン交換処理や濾過によって取り除き、真水に近い状態にして使っているということです。

「純水」という言葉には、一般に「天然水から作られた純粋な水」というイメージがあると思います。不純物を取り除いたからといえ、水道水から作ったっものを「純水」と謳うのは少し疑問が残ります。

アサヒ飲料では、工場によって水道水、地下水に分けているようです。

微細な膜で念入りに濾過しているので、一定範囲のミネラルを含むように調整しているそうです。

一方、伊藤園によると各工場の地下水を汲み上げて、それをイオン交換処理でミネラル分などを取り除き、純水という状態で使っています。キリンビバレッジ、JTも同じ方法だそうです。

つまり、水道水を使うにしても、地下水を使うにしても、そのまま使うわけではなく、大半のメーカーが、濾過や活性炭、イオン交換処理によって、ミネラルや塩素などを除去して、真水に近い状態にして使っているということです。

食品業界ではこのような水を「純水」と呼ぶことが常識となっているようです。

では、「水道水」がいいのか、「地下水」がいいのか?

水道水の場合、必ず塩素消毒が行われていますので、塩素が残留しており、トリハロメタンも微量ながら混じっています。

地下水の方がいいのでは、と思いがちですが、近年地下水もトリクロロエチレンなどの有害化学物質で汚染されているケースが少なくありません。

そうした汚染がないことを、十分に確認した水でなければなりません。

純水は体を壊す水。

常飲によって心身に不調をきたす人が増えています。

スーパーによく設置されていて、無料で配られている「純水」。

水道水には有害物質が含まれているから、すべてを取り除けば健康に良い水になる。

と考えるのは間違いです!!

水には「溶解性」という物を溶かしこむ性質があります。

その「溶解性」には、水に不純物が含まれないほど強く表れます。

たとえば、半導体製造で洗浄作業に使用される水は、不純物の全くない「超純水」です。

不純物が多いと半導体を汚してしまうため、純度の低い水は使えません。

原子力産業や製薬事業、高度なバイオテクノロジー産業なども超純水で洗浄作業が行われています。

産業界にとっては不可欠な純水も、人間には「毒の水」になります。

純水をそのまま飲むと、体が保持している大事なミネラルを溶け出させてしまう危険性があるからです!

ミネラル不足は、さまざまな病気を引き起こす原因となります。

純水を飲んで体のミネラルが奪われてしまうと、健康への害が心配されます。

無料だからと言って、スーパーで汲んできた水を飲まずに料理などに使いましょう。

なお、最近は純水を使った飲み物なども売られています。

パッケージにピュアウォーターと書かれている水です。これも避けましょう。

また、蒸留水もそのまま飲んではいけません。

この蒸留水を水槽に入れ、淡水魚を放すと苦しそうに暴れのたうち回り死んでしまいます。

私が飼っている犬も、この蒸留水を与えるとプイッと横を向いて飲みません。

動物にはわかるのですね。
リリアナ

人間も絶食状態の時、蒸留水を1升飲むと死に至るそうです。

こうした現象をみても「純水」や「蒸留水」は気軽に飲む水ではありませんね。

こちらもCHECK

私たち人間は、もともと肉食動物である

シンジそもそも人間は、穀物や野菜などを食べられる雑食ではなく、肉食動物です。 人類が誕生してから現代に至るまでの悠久の歴史や様々な文化、そして人間の消化器官の構造からみても明らかなことゴン 人類はアフ ...

続きを見る

-健康

© 2022 Noe style New life Powered by AFFINGER5