美容

皮膚は排泄する臓器

ねお
皮膚の正しいケアをしていくためには、まず、皮膚がどのような構造や働きをしているのかを理解して頂く必要があります。
皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織の3つに分けられます。
リノ

表皮

表皮には、「汗の出る汗腺」「皮脂の出る脂腺」「毛」などの構造物があり、皮膚の表面から順に、角層、顆粒層、有棘層、基底層の4層からなっています。

角層と顆粒層の間にはバリア・ゾーンという関所のような構造物があり、バリア・ゾーンの内と外との物質の行き来を防いでくれます。ですから、化粧品の成分はバリア・ゾーンを越えてそれより奥には入っていかないのです。

基底層には、シミの原因となるメラノサイト(色素細胞)や、角質のもとになるケラチノサイト(角化細胞)があります。表皮の4層は、基底層にあるこのケラチノサイトという細胞が分裂して、有棘層⇒顆粒細胞⇒角質細胞と変化してできたものなのです。

このように、細胞が形と機能を変えながら成熟することを「分化」といいます。

本来、細胞は核を持っているのですが、角質細胞には核はありません。つまり、細胞としては死んだ状態ですので、最終的に角質細胞は角片(垢)として、皮膚の表面から剥がれ落ちます。基底細胞から角質細胞になり、最終的に角片として剥がれ落ちる新陳代謝のことを「表皮のターンオーバー」といいます。

この分化とターンオーバーが正常に行われていることが健康な皮膚を作るうえで大きなポイントとなります。

そして、分化とターンオーバーが正常に行なわれるためには、亜鉛とビタミンAという栄養素が重要なのです。亜鉛は細胞が分裂するときに、ビタミンAは正常に分化する時に必要とされています。

真皮

表皮の下には真皮があります。真皮は表皮の数十倍の厚みがあり、肌の本体と言える部分で、肌のはりや弾力は主にこの真皮でできています。

真皮の構造物には、線維芽細胞などの細胞成分と膠原繊維(コラーゲン)、弾性繊維(エラスチン)、基質(コンドロムコタン白)などの間質成分があります。線維芽細胞からコラーゲンやエラスチンがつくられるのですが、コラーゲンはきわめて強い線維で、真皮の乾燥重量の70%ほどを占めており、皮膚の支持組織としての役目を担っています。

弾性繊維は、読んで字のごとく、きわめて弾力性に富んでいて、ばねのような形状で、膠原繊維の間に散在しています。基質は、水分を保持したり、膠原繊維や弾性繊維と結合することで安定化させ、皮膚の弾力を維持しています。

皆さんの中にはコラーゲン入りのクリームを使っている方がおられるかもしれません。ところがコラーゲン入りのクリームをいくらせっせと塗っても、真皮にはいっさい浸透しないため、真皮のコラーゲンは全く増えません。真皮には水分すら浸透しません。

もし水分が皮膚表面から真皮に入り込んでしまうようなら、お風呂に入ると、真皮が水分を吸収して、体がパンパンに張れてしまうことになります。真皮の水分は、血液やリンパ液から供給されます。ですから、真皮を健全に保つには、十分な栄養を腸から吸収させて、血液によって皮膚まで運ぶしかないのです。

皮下組織

一番下にある皮下組織は、皮膚とその下にある筋肉や骨との間にある部分で、脂肪を多く含んでいます。

この脂肪はいわゆる皮下脂肪です。皮下脂肪はクッションのような役目を果たしており、外からの衝撃を緩和する働きがあります。また、保湿やカロリーの貯蔵庫の役目もしていますから、皮下脂肪が少なすぎるのもまた問題になるわけです。

肌の性質

以上をまとめると、肌というものは・・・

①汗・皮脂などを排出する。
②皮膚細胞は下から上へと上がっていき、角片という死んだ状態になり、皮膚から剥がれていく。
③真皮には水さえも浸透しない。

皮膚は吸収する臓器ではなく、排泄する臓器なのです。ですから、化粧品や美容治療などの外からのアプローチには、必然的に限界があり、内側からの美肌アプローチに主眼を置いた方が効率が良いのです!

こちらもCHECK

乾燥肌

年齢と共に肌は乾燥してかさつきやすくなります。肌を潤そうと、化粧水をたくさんたたきつけたり、油性のクリームを塗ったりしても、努力むなしく乾燥肌は治りません。 リリアナ皮脂の表面には、皮脂と汗が混じって ...

続きを見る

-美容

© 2022 Noe style New life Powered by AFFINGER5