ダイエット

確実にたった14日間で5キロ減量!!

リリアナ
14日間で5キロ減量?「すぐにやせるダイエット法」のコマーシャルみたいっ!

しかし、成功した人を何度も何度も見てきましたし、さまざまな形態の○○食品を食べないようにすれば、体重がみるみる減り、1日に500グラムも減ることさえ多いのです。巧妙な宣伝ではありません。ダイエット食の購入も、特別な処方筆も、「食事代わり」のドリンクも、腸内の「洗浄」療法も必要ありません。

もちろん、このぺースで体重が落ちるのはしばらくの間だけです。そうでなければ、消えてなくなります。でも、初期の体重減少は驚くほど早く、完全な断食による減量と変わらないほどの場合もあります。これは非常に興味深い現象です・・・。

なぜ小麦を食べないようにすると、断食と同じくらい早く減量できるのでしょうか?

それは、ブドウ糖とインスリンによる脂肪の蓄積サイクルが停止し、その結果、自然にカロリー摂取量が減るためではないかと思います。わたしは自分の目でこのようにやせていった患者たちを何人も見てきました。

小麦抜きの生活は、低炭水化物ダイエットの一環としてしばしば行われてきました。低炭水化物ダイエットの減量効果を示す臨床結果はいくつもあります。

わたしの経験では、低炭水化物ダイエットの成功は小麦の除去しだいです。

炭水化物を減らすと、必然的に小麦を減らすことになります。

小麦は大多数の現代人の主食ですから、小麦をやめることで問題の最大要因がなくなります(また、低炭水化物ダイエットでも唯一の炭水化物として小麦食品を食べたために、ダイエットに失敗した例を目の当たりにしてきました。)

小麦を食べないようにしても、毎日甘い炭酸飲料を飲んで菓子や揚げ物チップを食べていれば、小麦抜きの減量効果はほとんどなくなってしまうでしょう。

でも、分別のある大人なら、減量にはジャンボサイズの炭酸飲料水やアイスクリームは厳禁ということを心得ています。ただ、直観的に危ないとは思えないのが小麦なのです。

短期間での大幅減量、特に内臓脂肪の削減対策として、小麦抜きの食事法は不当に低い評価を受けています。

でもわたしは、ぼっこり小麦腹の減量効果を何千回も見てきました。小麦をやめると、自然と体重は急速に落ちてきます。

開始時の余剰体重にもよりますが、一年で23キロ、27キロ、45キロ以上も減ることはしぱしばです。わたしのサイトでで最近小麦をやめた人について見ると、体重減少は5~6カ月で平均12キロでした。

この食事法で驚くべきことは、食欲や中毒を引き起こすこの食品を除去した人が食べ物との新しい関係を築くことです。生理的に必要なエネルギーを供給するために食べるようになります。

奇妙な食品成分によって食欲の「ボタン」を押され、食欲と衝動を高められることもありません。

お昼時になってもランチにはほとんど興味がなく、スーパーのパン売り場もさっと通りすぎ、会社の休憩室にあるドーナツなど見向きもしなくなります。

小麦に誘発された異常な食欲ともお別れできるのです。

これは、まったく理にかなったことです。

高血糖とインスリン反応を引き起こす食べ物をやめれば、空腹と一時的な満腹感のサイクルがなくなり、中毒性のエクソルフィン供給源も断たれ、より少ない食事量で満足できるようになり、余分な体重はなくなり、生理学的に適切な体重に戻ります。

お腹をとりまく奇妙で見苦しいぜい肉も消えますから、ぽっこり小麦腹にはお別れのキスをしましょう。

 

CMで話題沸騰中!!

-ダイエット

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5