健康

鶏肉を安心して食べる法

ねお

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため飼育方法や栽培方法、時期によって【農薬】【化学物質】の心配が異なります。

ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。

選ぶコツ!

ブロイラー、若鶏は、病気をしないように抗生物質を与えたり、短期間で成長させるために成長促進剤をエサに混ぜ込んだりしていますので、できるだけ放し飼いの自然に近い環境で育っている鶏を選びましょう。

ココに注意!

飼育の際に投与される、飼料や薬剤に含まれる農薬やダイオキシンなどの有害物質は、脂身と皮に溜まりやすい

皮を取り除き、湯通しで脂肪分と一緒に除去

鶏肉のほとんどは、大量生産されるブロイラー育ちです。狭い鶏舎の中で、すし詰めにして飼われていますので、病気予防に抗菌用物質が与えられます。飼料に残留した農薬やダイオキシンなどの不安物質も否めません。これらの不安物質が溜まりやすいのは、脂肪部分と皮。手羽先が最も脂肪分が多く、ささみが最も少ない部位です。

モモ肉は皮を取ってしまえば、胸肉よりも脂肪分は少なくなります。除去する手法は、から揚げなどは、斜めそぎ切りにして、2倍に薄めた調味液に下漬けします。そぎ切りにした切り口から、10分ほどで有害物質が溶け出しますので、もう一度調味液を変えて本漬けします。

焼いたり、炒めたり、煮込んだりするときでも、必ずさっと湯通しするひと手間を。下ごしらえすることで、味はよりおいしく仕上がり、有害物質も除去されます。蒸すのも除毒に効果的です。

除毒テク
・脂肪と皮をカット
・湯通し
・調味液につける
・斜めそぎ切り

気になる有害物質
・農薬
・ダイオキシン
・抗菌性物質
・抗菌性物質
・抗生物質

リリアナ
残留農薬や添加物は,あらゆる病に関係していますから注意が必要ですね。不安物質を少しでもこの調理法で,大幅に軽減しましょう。

こちらもCHECK

米を安心して食べる法

ねお現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。 ココに注意! もみ、外皮(ぬか)に使用された農薬 ...

続きを見る

CMで話題沸騰中!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5