健康

飽和脂肪酸が豊富な油

リノ
不飽和脂肪酸と比べて、全ての飽和脂肪酸が優れている点は、欠けている水素原子がありません。

つまり、炭素二重結合が無いという事です。したがって、不飽和脂肪酸ほど容易に酸化したり、フリーラジカルが生成されることはありません。

トロピカルが含まれていた食品のほとんどにおいて、安価なために【水素添加油】がとってかわり、使用されることになりました。

水素添加というのは、植物油に含まれる不飽和脂肪酸を科学的に変化させて、飽和脂肪酸の含有率がより高い油にすることです。

飽和脂肪酸の割合を上げることで油は劣化しにくくなりますし、動物油やトロピカルオイルを使うよりも安くすみます。

水素添加のためには、油に水素原子を加えながら高温に加熱するので、有害なトランス脂肪酸が生じます。

こうしてできる人工的な脂肪酸は、天然の脂肪酸とは化学構造が異なっています。

私たちの体は、天然の脂肪酸は処理できますが、トランス脂肪酸は人間の体にはふさわしくなく、様々な健康上の問題の原因となります。

注意ポイント

ショートニングとマーガリンは水素添加油の例で、この2つは決して食べるべきではありません。

多価不飽和脂酸を多く含む、精製・水素添加の油は、ガンの増殖を促進することがわかり、不飽和度が高ければ高いほど、そのリスクは高くなります。

喘息、アレルギー、記憶障害、それに老人性痴呆なども、飽和脂肪酸ではなく、多価不飽和脂肪酸を多く含む精製油を摂っている人の間で発生率が高い結果が出ました。

さらに、こうした油は免疫系にも悪影響を与えます。

健康は免疫によって支えられています。

その免疫の働きを抑え、そして病気に罹りやすくなり、早期老化の原因にもなります。

また白血球を殺すこともあります。

食品店でよく見られるタイプの、多価不飽和脂肪酸を含む油を口にすることは、病気への入り口を用意して自分の寿命を縮めているようなものです。

ココナッツオイルには、壊れてフリーラジカルを生成しやすい炭素二重結合という弱連結が存在しませんので、様々な条件下ではるかに安定度が高いです。

熱、光、酸素に触れても、感知できるほどの酸化やフリーラジカル生成は起きません。

そのため、食べ物と一緒に摂る油、特に食物を加熱調理したり、調理した食物を長期保存する場合には、飽和脂肪酸が主成分の油を使用することが望ましいです。

ココナッツオイルは飽和脂肪酸の含有率が非常に高く、食用油の中で最も酸化とフリーラジカル生成が起きにくいので、調理に使うのに一番安全な油です。

ねお
今、あなたが使っている液状食用油をココナッツオイルに替えれば、酸化した油を食べることが原因で起こるさまざまな健康上の問題を解消することができます!

明らかに無害であるというのがココナッツオイルの利点であることは間違いないですが、ココナッツオイルが優れているのはそれだけではありません。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれていて、それがココナッツオイルにほかとは違う性質を与え、地球上で最も健康的な油であると多くの人が考えているのです!

こちらもCHECK

前立腺肥大にココナッツオイル!

ねおあなたが男性なら、一生のうちに何らかの形で前立腺の問題に直面する可能性は高いかも。最も一般的なのは良性前立腺過形成(前立腺肥大)です。 40~59歳の男性の半数近く、70代と80代では90パーセン ...

続きを見る

CMで話題沸騰中!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5