健康

菌とうまくつきあおう!

ゴン
除菌・抗菌グッズは使用せずに、入浴、洗顔は一日一回で十分です。

「清潔にしよう」と思う境界線には個人差があります。

それぞれのご家庭なりの決まり事・ルールで暮らしていけばよいと思いますが、最も良くないのが、菌を殺すようなものを使用することです・・・

「ばい菌は汚い」と言う刷り込みで、除菌・抗菌グッズを使用するのはよくありません。

びっくりしたのは、「カブトムシにダニがわいたらよくない」ということで、カブトムシと抗菌剤が一緒にセットで販売されていたことです!

日本人の清潔信仰はエスカレートしているのか、除菌・抗菌グッズは倍々の勢いで売り上げを伸ばしているようです。

バスタオルやシーツは何回使いまわして何回洗濯するのか、ダニを除去する掃除の方法など、ときどき「家族の間でも意見が分かれる」などと耳にします。

ほこりやダニはアレルギーの元のなりますから、適度に掃除をしたらいいと思いますし、バスタオルやシーツも汚れたり、気になったら洗えばいいと思います。

毎日洗いたいと思えば、洗えばいいですしそんなところで神経を使う必要はありません。

人体の場合、皮膚の常在菌は1回洗うたびに激減します。

常在菌がないと皮膚の角質がバラバラになりになり、そこからアレルゲンが入り込んでアレルギー症状をおこします。

そして、水分が抜けるため「ドライスキン」になります。

常在菌は1度洗っても24時間あれば戻ります。

年を重ねると戻るのが遅くなります。ただ、常在菌が戻ってくる前にお風呂に入る事を続けていると、脂肪酸の膜をつくっている常在菌がいなくなることで膜ができなくなってしまうため、アレルゲンが侵入して水分も飛んでしまうのです。

ですので、一日2回入浴するなど、清潔にし過ぎて、体を守っている菌まではいじょしてはいけません。

手洗いもやりすぎず、洗顔も一日一回で十分です。O-157菌、レジオネラ菌などは昔から存在していた菌ですが、免疫力の高い人は、何の症状も出ません。

こちらもCHECK

「ある物質」がアレルギーを引き起こす!

ハムやベーコン、ソーセージに使われる添加物で,胃の中の食べ合わせにより危険なものに変化する可能性もあります。 アメリカでたくさん野菜を食べた人たちが,気管支ぜんそくを起こし大変な騒ぎになりました。 ね ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5