健康

肝機能低下、脂肪肝の方に

ねお
「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓。負担をかけない食事と生活を心がけましょう。

肝臓は人体最大の臓器で、栄養素の代謝や、アルコールなどの有害物質の解毒、脂肪の吸収を助ける胆汁の生成など非常に重要な役割を担っています。

肝機能が低下すると、栄養素の供給が滞り、体内の毒物や老廃物が排泄されずに蓄積され、血行が悪くなり、倦怠感や疲労感などの症状が現れます。

肝臓の主な病気には、肝炎や肝硬変、脂肪肝などがありますが、肝臓は「沈黙の臓器」と言われているほど症状が現れにくいのが特徴です。

普段から肝臓に負担をかける過剰な栄養素の摂取やアルコールなどを控え、異常がないか定期的に検査してもいいと思います。

肝細胞を補修するたんぱく質源を補給しましょう!

体に必要なたんぱく質は肝臓で合成されますが、肝臓もたんぱく質で構成されています。

また、肝機能が低下すると肝臓そのもの作るたんぱく質も減り、ますます肝機能を低下させかねません。

赤身肉、魚介、卵、納豆などで充分補給することが必要です。

また、栄養素の代謝を円滑に行うためにビタミン、ミネラルも大切です。

ほかにもサザエやイカなどに含まれ、肝機能を強化するタウリンや、肝臓の細胞を傷つける過酸化脂質を分解するビタミンEなども効果的です。

ウイルスが原因で起こる急性肝炎では、嘔吐や発熱でエネルギーを大量に消費してしまうので、好みの食材を消化しやすい形に調理して食べるようにします。

慢性肝炎の場合は、肝硬変へと症状が進行しないように良質たんぱく質を毎食摂り、肝機能回復に必要なエネルギーも摂取するようにします。

抗ウイルス作用のあるビタミンCなどのビタミンやミネラルも充分補給しましょう。

肝脂肪とは、肝臓に脂肪が蓄積した状態で、アルコール、肥満、糖尿病が3大要因だと言われています。

動脈硬化や心筋梗塞などの病気を起こす原因にもなりますので注意が必要です。

アルコールが原因の場合には、禁酒とともにたんぱく質など不足した栄養素を補給し、肥満が原因の場合は、たんぱく質を必要量確保したうえでエネルギー制限をします。

海藻やキノコなど、低エネルギーで脂質や炭水化物の吸収を遅らせる食物繊維の豊富な食材で食事のカサを増やすのも良いでしょう。

食材選びのポイント

◆ごはんはお茶わん一杯が目安

ごはんなどの炭水化物は大切なエネルギー源ですが、摂りすぎると中性脂肪となって、脂肪肝などを招いてしまいますので、適量を守りましょう。

◆野菜は1日350gを目安に

肝機能が低下すると、ビタミンの代謝が悪くなるので積極的な摂取を心がけます。野菜は1日350gのうち1/3以上は緑黄色野菜で、イモ類は100gが目安です。

◆肝細胞の再生には良質のたんぱく質を

肉、魚、卵、納豆などの良質なたんぱく質を。脂肪肝の場合は、脂身の少ない肉、白身魚、など低脂肪の食品を優先しましょう。

◆新鮮な果物も添えましょう

ウイルスの増殖を抑える作用のあるビタミンCが豊富なイチゴやレモン、キウイフルーツなどの新鮮な果物をできるだけ毎食摂取するように心がけましょう!

Check!

アルコールはどれくらいで抜ける?

アルコールの肝臓での処理能力には個人差がありますが、1時間に体重1kg当たり0.1~0.15gくらいです。

純アルコール量1単位を22gと考えると、体重60kgの人がビール大瓶1本(633ml)を処理するのにおよそ3時間もかかる計算になります。

また、アルコールの血中からの消失速度も一定しており、日本酒3合を飲んだとすると、体内からアルコールが消えるのに、およそ9時間もかかってしまいます。

「適量」を自覚して、飲み過ぎないように注意しましょう。

※純アルコール量=飲んだ量×アルコール度数(%)×アルコール比重(0.8

こちらもCHECK

非常に危険なトランス脂肪酸!!

ねお脂質に含まれる脂肪酸の一種、「トランス脂肪酸」です。 トランス脂肪酸は、狭心症や心筋梗塞など冠動脈疾患のリスクが高まります。 最近,アメリカFDA(米食品医薬品局)は,摂取しすぎると心筋梗塞などの ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5