ダイエット

筋肉を鍛えることで健康になる

ねお
私たちの体を動かす原動力は筋肉です。筋肉は人体で最大の器官であり、男性で体重の約48%、女性で約36%を占めています。筋肉を大きく分けると、自分の意思で動かす事のできる随意筋と、自分の意思で動かす事のできない不随意筋があります。
随意筋は、腱によって骨格につくので「骨格筋」とも呼ばれています。骨と連動して体を動かすなど、姿勢を保ったり、臓器を保護したり、衝撃吸収などの役割を担っていますね。
リノ
ねお
不随意筋は、自律神経やホルモンによって働きをコントロールされている筋肉の事で、意思で動きを制御する事はできません。血管や内臓を作る筋肉で、内臓筋とも呼ばれています。随意筋とは違い、骨にくっついていません。胃や腸の蠕動(ぜんどう)運動などのように、その動きはゆっくりしており、疲れにくいのが特徴ですね。

筋トレで新陳代謝を高めよう!

体の中でも特に基礎代謝活動が活発なのは、筋肉、胃腸、肝臓です。中でも筋肉は、基礎代謝全体の四割を占めています。つまり、筋肉量が多ければ基礎代謝も高い訳です。

基礎代謝が活発に行われる場所は、筋肉、肝臓、消化器の三箇所ですが、このうち自分で代謝力を高める事ができるのは、筋肉だけです。しかも、筋肉は代謝全体の七割を担う重要な器官です。これを強化しない訳にはいきませんね。

脂肪に支配される前に・・・

筋肉は20歳頃をピークに、年に1%の割合で減少していきます。年齢を重ねるにつれて内臓機能の働きが衰えるため、さらに基礎代謝が低下し、脂肪が蓄積され、それが筋肉があった場所に陣取るようになります。なので、体の中で筋肉と脂肪の入れ替えが起こるようになるのです!!

体の他の細胞は傷がついたら新しい細胞と入れ替わる仕組みになっていますが、筋肉を作る筋繊維は巨大な細胞なので、すぐに新しい細胞へと交換できません!筋肉の力は筋繊維の断面積に比例するので、強くなるには筋繊維が太くなる必要があります。
つまり、筋肉トレーニングとは、強い負荷を掛けて筋繊維を繰り返し傷つけ太くする行為なのです!

運動と筋トレの効果

運動によって筋肉を鍛えると、
・毛細血管が新生されて血液の通り道が増える。
・運動で上昇する体熱によって血中の老廃物が燃焼され、血管内を流れ
やすい血液になる。

・ストレスが解消される。
・交感神経が抑制され、副交感神経が亢進される。
・心機能が向上する。

という効果が認められています。

一方、筋肉トレーニングの効用は

・熱を作る。
・血流が良くなる。
・骨が強くなる。
・脳の血流が増す。
・胃腸の働きが良くなる。
・神経伝達物質の分泌を促進する。
・脂肪が燃焼する。

リノ
筋肉トレーニングは最初はつらく成果を感じづらいかもしれません。
そして、筋肉は三ヶ月単位で生まれ変わるものなので、コツコツと継続する
事が成功の鍵ですね!

濃い野菜プレゼント付き!!

-ダイエット

© 2021 Noe style New life Powered by AFFINGER5