健康

牛肉を安心して食べる法

ねお

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため飼育方法や栽培方法、時期によって【農薬】【化学物質】の心配が異なります。

ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。

選ぶコツ!

グレインフェッドビーフよりもグラスフェッドビーフを選びましょう。

ココに注意!

農薬を含んだ飼料やホルモン剤、また抗菌剤や抗生剤などを牛が摂取することで、体内に有害物質が溜まります。そしてその有害物質は脂肪に溜まりやすいので脂肪は切り取って食しましょう。

脂身を切り取り、湯通しやたれ漬けで除毒

農薬やダイオキシンは、肉の脂身に溜まりやすく、牛の体外に排出されにくいのが特徴です。脂肪分が最も多いのがバラで、最も低脂肪の部位がヒレです。

除毒のための適切な下ごしらえと調理テクニックは、まず、調理前に脂身を切り取り、湯通しをすることです。炒める時も焼くときも茹でこぼしてから使用します。

また、お酒や味噌などの調味液に5分ほど肉を漬けこむ事です。漬け込んだ調味液には不安物質が溶け出しますので、一度捨てて新しいたれに漬けてから調理します。

シチューやカレーなどの煮込みでは、よく灰汁(アク)をとる事です。灰汁は不安物質の塊です。

さらに、しゃぶしゃぶは除毒に適した調理法ですが、お湯に不安物質が溶け出していますので、残ったスープにうどんやごはんを入れたいところですが、食べない方が安心でしょう。

除毒テク
・脂身をカット
・湯通し
・調味液につける
・煮て、灰汁とり

気になる有害物質
・農薬
・ダイオキシン
・女性ホルモン剤
・抗菌性物質
・抗生物質

リリアナ
残留農薬や添加物は,あらゆる病に関係していますから注意が必要ですね。不安物質を少しでもこの調理法で,大幅に軽減しましょう。

こちらもCHECK

レバーを安心して食べる法

ねお現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。 レバーは、鉄分や葉酸を多く含みます。とりわけ妊婦 ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2022 Noe style New life Powered by AFFINGER5