健康

感染や化学毒性に強い人は放射線にも強い?【デイノコッカス・ラディオデュランス】

ねお
デイノコッカス・ラディオデュランスと呼ばれるバクテリアが「放射線に最も強い微生物」としてギネスブックに認定されていることでも知られています。

デイノコッカス・ラディオデュランスが発見されたのは、1956年、オレゴン農業試験場だったと言われています。

当時、食品保存の研究のために牛肉の缶詰にガンマ線を照射して滅菌する実験が行われていましたが、その缶詰を保存していたところ、腐って膨らんでしまったいくつかの缶の中から強い放射線に耐えるバクテリアが単離されたのです!!

例えば、人は10グレイ(Gy)の放射線で、大腸菌は60グレイの放射線で死んでしまいますが、デイノコッカス・ラディオデュランスは5000グレイ浴びても死滅せず、15000グレイでも37%は生き残ります。

このデイノコッカス・ラディオデュランスよりも放射線耐性のあるバクテリアも発見されています。

この「NRC-1」というハロバクテリウム属のバクテリアは、約18000グレイもの放射線に耐えることができます。

地球上の微生物はまだ、数%しか分かっていないと言われていますから、これからもさらに放射線耐性のある微生物が発見されると思います。

ホルミシス効果の意味

前述のデイノコッカス・ラディオデュランスは、その遺伝子配列を調べたところ、ある種の高熱にも耐えられる超好熱菌に非常に似通っていることがわかりました。

つまり、もともと持っていた熱への耐性を放射線耐性に改造したことが示唆されるのです。

この放射線耐性は、その他の乾燥、感染、重金属汚染などのカクテル効果から身を守ることにも役立っています。

もともと原始地球では、紫外線などの宇宙放射線がさんさんと降り注いでいたため、そこで生存するバクテリアは放射線耐性を持っています。

その後に地球上に大量発生した酸素による毒性に対応できたのは、放射性耐性を持つ遺伝子の応用に他ならなかったわけです。

じつは、人の場合でも放射線によって活性化された遺伝子が、酸素中毒や感染、重金属中毒から体を保護する場合があることが分かっています。

これが、「低放射線であれば体に好影響をもたらす」という「ホルミシス効果」の根拠の一つとなっています。

放射線には閾値(しきいち)がなく、個人の耐性にも幅があるため一般化できる理論ではありませんが、このような現象は多様な要因によるカクテル効果が「酸化ストレス」という共通の分子機構で作用を及ぼし、それを防御する機構も分子レベルでは同じであることを示唆していると思います。

分かりやすく説明すると、放射線に強い人は感染、化学毒性や酸性毒性にも強いということです。

またその逆も言えます。

このことから、まだ健全なミトコンドリアがたくさんある余裕のあるうちに生活習慣を改善し、毒性に対する耐性を身につけておくことが、健康に有利に働くと考えられます。

シンジ
これには食生活の改善が不可欠なのです!!

こちらもCHECK

放射能をバリバリ食べる!

ガンにならない方法、たとえガンになってもガンを消滅させる方法・・・。 ねおそれは、「免疫力を高める」という事に尽きると思います。 免疫力を高めればガンにはなりませんし、できてしまったガンも消滅します! ...

続きを見る

 

 

 

CMで話題沸騰中!!

-健康
-

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5