お金の話

ティーカップの法則 【投資家脳】

ねお
突然ですが、ティーカップの姿を思い浮かべてください。

なぜカップの下にはソーサー(お皿)がついているのでしょうか?

なぜカップの「持ち手」は指が入りにくく、指と指でつまむような形になっているのでしょう?

イギリスでは、午後に紅茶を飲みながらお菓子を食べる「アフタヌーンティ」の習慣がありますが、イギリス人は「猫舌」が多いそうです。
リノ

そこで、昔の貴族たちは、アフタヌーンティを楽しむ際に、カップから直接飲むわけではなく、いったんソーサーに移し、冷ましてから飲んだのです。

だから、カップだけでなく、ソーサーが必要だったというわけですね。

さらに、熱を逃がしやすいようにテーカップは薄いのです。 そしてもう一つ理由があります。

それは、光を通すことで、紅茶の色を鮮やかに見せるためです。

また、つまむように様になっているのも 貴族は手袋をしていたので、滑りやすいのを防ぐためです。

なぜ、このお話をしたのかというと、ティーカップには、ティーカップの形になる「歴史」があったと言いたかったのです。

つまり、物事には、それぞれにそうなった理由があるのです。

ものごとをすんなり受け入れるのではなく、「なぜ、そうなったのか」を考えてみることが大切ということです。

【お金持ちの思考】は「なぜ、そうなったのか」「どうしてこう言う事象になったのか」を常に追求します。

それはある程度「未来」を予測し、その変化に対応できるだけの対策を打つためです。

未来を予測するためには、まず歴史をさかのぼり、そうなった「理由」を知ることが重要となります。

ある事象を学ぶだけでは、そこで終わり。

その先どうなるのか?とういう「進化」はわかりません。

歴史の流れを知っている人だけが、「次」をつくれる。つまり「点」ではなく「線」で学ぶことが大切なのです。

現在は円高です。それは日本の経済が強いからでしょうか? 今の状況からすると決して強いとは言えません。

欧米 さまざまな不安から欧米よりまだ”マシ”な円に逃避しただけなのです。

というように 過去の「歴史」から流れを知ることで「未来」を予測する力がついて来るようになります。

船長マテオ
過去の流れをしると「未来」がつくれる背景を知るクセをつけるのじゃ!

こちらもCHECK

出口の法則【投資家脳】

ねお 質問です。 あなたは一生働き続けますか? 「60歳になったら 定年でリタイヤしよう」と思った方にも質問です。 定年後の収入源はなんですか? 世の中にはお金を稼ぐためには2つ「労働資本」「金融資本 ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-お金の話

© 2020 Noe style New life Powered by AFFINGER5