美容

【白髪は免疫抑制の一つ】白髪が気になりだしたら…

ねお
よく親族を亡くすなどの多大なストレスを受けた後、髪の毛が真っ白になるという経験をしたことやその様な話を聞いたことがあると思います。

また厳格に糖質制限を行っている人も同じく髪の毛が真っ白になります(逆に白髪にならないのは、厳格に糖質制限を行っていない証拠になります)

髪の毛の毛根には、髪の毛の色をつけるメラニン細胞の幹細胞があります。

現代では、若い人に白髪が発生する“若白髪”の人が目立ちますね。
リリアナ

これも遺伝性のものなどではなく、環境因子によるものです。

白髪になるのは、このメラニン色素を産生するメラニン幹細胞がダメージを受けて機能低下あるいは細胞そのものが死滅することによります。

最新の研究で、ストレスによって、過剰にノルアドレナリンおよびコルチゾールが放出されることによって白髪が作られることが分かりました。

特にノルアドレナリンによって、メラニン幹細胞が死滅することで白髪になるのです。

実際に、マウスにノルアドレナリンに注射すると、体毛が白くなりました。

白髪になる状態というのは、強い“免疫抑制”が起こっている証拠ということです。

シンジ
糖質制限で白髪になるのも、低血糖という最大のストレスに対して、ノルアドレナリン、コルチゾールなどの“免疫抑制”をかけるストレスホルモンが大量に産生されるからです!

もちろん、これらのストレスホルモンは、強く免疫抑制を引き起こすため、白髪は感染症になりやすい状態を反映しているのです。

つまり良質な糖分をしっかりと摂取しないと、あらゆる病に侵されやすくなるということじゃの
船長マテオ

こちらもCHECK

あの人のルックスの魅力はどこからくるのか?

ねお「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか? 生命体は、環境などの影響がダイレクトに顔などのルックスに反映されます。 小中学校で輝いていた同級生と数十年 ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-美容

© 2021 Noe style New life Powered by AFFINGER5