健康

【何かと悪者とされる砂糖(ショ糖、sucrose)】

ねお
ストレスに打ち勝つためには、最大の武器になることをこの数年お伝えして来ましたが、まだ一般の方はおろか専門家でも理解されていないお寒い状況です。
では、1日どれくらいショ糖を摂取すればいいの?
リリアナ
ねお
ヒト換算で1日4g/kgのショ糖摂取で、ストレスホルモンのコルチゾールの分泌を抑えることが報告されています。

体重50kgであれば、200gのショ糖量です。

私自身は、最低でも1日350g-400gは摂取しています(私は黒糖とハチミツが中心です。それがなければ白砂糖でも摂取しています)。

もちろんストレスが高いときには、さらに増量します。

これを言うと、「そんなに砂糖をとれる訳がないだろう。嘘ばかり言いやがって」と文句を付けられることがよくありますが、本当なのです!

特に糖のエネルギー代謝が回復してからは、以前よりもより糖の摂取量が多くなりました。

そんなにショ糖を摂取すれば、太って逆にストレスになるのではないか?

この様な初歩的な疑問には、すでに回答していますが、慢性的にショ糖を大量に摂取することによって抗肥満ホルモン(糖尿病の治療薬にもなっているグルカゴン様ペプチド1や代謝が高まることで体重が落ちることが分かっています。

リアルサイエンスが本当に日の目を見るのは、100年後になるかも知れないと思っています…。

(真実は「無視・否認→批判・中傷→誰でもそんなこと知っているぞー」と経過していきます)

ねお
“あとの祭り”にならない様に、早く気づいた人から心身の健康を取戻して頂けばと切に願います。

こちらもCHECK

【塩をたくさん摂るほど“幸せ”な理由】

ねお塩の摂取量を増やす事が癌や感染症の根本治療になります。 1950年代に、1日に厚生省が推奨する塩分制限の8〜10倍近い量(50g)の塩分を摂取した日本の臨床実験の結果が報告されています。 まだ、塩 ...

続きを見る

濃い野菜プレゼント付き!!

-健康

© 2021 Noe style New life Powered by AFFINGER5