level003
1121962_73161506

体が痛くなるのは歪みが原因!?

私たちが普通に生活しているだけでも、背骨のナチュラルカーブは崩れていきます。

たしえば、脚を伸ばして寝ていると腰椎のカーブが崩れ、椎間板に負担がかかります。

腰痛持ちの人が、膝を立てたり横向きで寝るのがラクだというのは、こういう理由があるからです。

続きを読む
level002
13785694030001

調理パン

調理パンでで一番売れているのは、コンビニのサンドイッチでしょう。ここ数年、目立っているのが「保存料・合成着色料は使用していません」という表示です。 でも、その表示があっても安心はできません。なぜなら、不使用と表示されてい […]

続きを読む
level002
zenritsusen_hidai02

前立腺肥大にココナッツオイル!

あなたが男性なら、一生のうちに何らかの形で前立腺の問題に直面する可能性は高いかも。最も一般的なのは良性前立腺過形成(前立腺肥大)です。 40~59歳の男性の半数近く、70代と80代では90パーセントもの男性が、何らかの前 […]

続きを読む
level002
5_IMG_0598

ダイエットに最適の夏野菜

冬瓜と書いて「とうがん」と読みますが、冬のものではありません。 盛夏の季節野菜ですが、貯蔵ができ、冬でも食べられることからこのように名づけられたといわれています。

続きを読む
level005
s05-img03

ストレスに対抗する栄養があった!

ストレスを受けただけでも、必要な栄養素は消耗されていきます。ストレスと聞くと、すぐに仕事での人間関係や環境の変化などで精神的にダメージを受けることだけをイメージしがちですが、私たちは日常生活を送るなかで、じつにさまざまな […]

続きを読む
level002
1003957_98738018

医師の間で警戒される「タール色素」

現在、スーパーやコンビ二などで売られている加工食品のほとんどに食品添加物が使われていますが、それがアレルギーを起こすケースがあります。 中でも、合成着色料でタール色素の赤色102号、黄色4号、黄色5号は、医師の間では、蕁 […]

続きを読む
level005
raku_lamb_m05

ベジタリアンでは健康になれない④

食事中の脂肪は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。 「飽和」というのは、化学式上に二重結合がなく、水素で飽和されている脂肪です。飽和脂肪酸の代表は、ココナッツオイル・パームオイル・母乳などのラウリン酸、牛肉・卵・ミ […]

続きを読む
level005
201009-02img

ベジタリアンでは健康になれない③

では、ベジタリアンでは健康になれない①前記3の「ミネラル欠乏」についてはどう考えればいいでしょうか? べジタリアン、ヴィーガンの食事は、全粒穀物、マメ科の植物(大豆、レンズ豆、エンドウ豆、ピーナッツなど)なしには成立しま […]

続きを読む
level005
img_1

ベジタリアンでは健康になれない②

また、このビタミンB12欠乏症に関連しますが、ベジタリアンでは健康になれない①(前記2)の「高濃度ホモシステイン」によるダメージも無視はできません。 血液中のホモシステインは血管内皮細胞を傷つけます。したがって、厳格なヴ […]

続きを読む
level005
beji1

ベジタリアンでは健康になれない①

ローカーボ食(糖質制限食)よりも歴史の古い食事法として、肉類などの動物性食品を制限するべジタリアンやヴィーガン(日本では精進料理、マクロビオティックに相当)の食生活があります。

続きを読む
level003
701849521_m

運動メニューは自分で作ろう!(高齢者の方へ)

食事を四~五日とらないと、生命の危機に直面します。しかし、運動を四~五日行わなくても、生命の危機におびやかされることはありません。そのため、運動を継続するのはなかなか難しいことなのです。

続きを読む