level002
74635ead

塩の使い方

「塩梅」(あんばい)という言葉があります。

今では、「加減」「程合い」「当たり」(ちょうどよい味)といった意味で使われていますが、もともと、塩と梅酢で料理の味付けをしていたことから生まれた言葉です。

事実、塩加減ひとつで料理は美味しくも不味くもなります。これは、どんな料理でも不変の”真理”です。

続きを読む
level008
turibana

変貌する世界の食システム

種子は、生命を育み、生命を次世代に伝えていく、生物の最も大切な、もっとも根源的な存在のはずです。 その種子が、なんと自ら命を絶ってしまう!これは一体どういうことなのでしょうか?

続きを読む
level004
o0550041210248723701

枝豆を安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。

続きを読む
level005
0320055

解熱剤・鎮痛剤には要注意!

市販薬に配合されている解熱剤には恐るべき副作用があります! 万が一、入院中や外来の受診時に「解熱剤を出しておきましょう」と言われたら絶対に断わりましょう! 「解熱剤」とは、わかりやすく言えば「熱さまし」。医学用語では「消 […]

続きを読む
level005
Modified-Tapioca-Starch

加工でんぷんがアレルギーを引き起こす!

でんぷんと化学薬品をミックスした、合成たんぱく質である「加工でんぷん」。 パッと聞いただけでは、何かわからないネーミングですが、これも立派な食品添加物です。 コーンスターチ(遺伝子組み換え)、小麦粉、タピオカなどの穀物で […]

続きを読む
level002
05b42dd1f628048a35ba93c6112b5f5e

ミネラル不足を招く「畑の肉」

大豆が「畑の肉」と呼ばれるように、豆類は全般的に良質なたんぱく質だといわれています。 ベジタリアンやヴィーガン(日本では、精進料理、マクロビオエィック)などの食事法は、全粒穀物と同様、大豆、えんどう豆、ピーナッツなどの豆 […]

続きを読む
level006
fespqb

あなたの食生活を段階的に改善!

「あなたは、血圧が高いので、一日の塩分摂取量は”7g”にしなさい」 などとお医者さんから言われたらどうしますか? 朝から晩まで電卓をはじいて塩分の計算を本気でしていたら、ストレスで血圧が上がります […]

続きを読む
level005
web_0233

「汚血」おけつ=「瘀血」おけつ

東洋医学には、2000年も前から「万病一元、血液の汚れから生ず」と言う言葉があります。 血液の成分など、わかっていない時代に、現代の西洋医学的な血液の分析から見ても真理を言い当てているこの言葉には驚きです。

続きを読む
level005
resize0287

SJS症候群の怖い話

コル○ン死亡事件、損害賠償裁判へ

続きを読む
level002
imgp1784

完熟トマトへの壮大な道のり

トマトは、ミュータント(突然変異)です。 南米原産のトマトの原種は、全て小さなミニトマトでした。 現在の大トマトは、遺伝子を調べると、スペインがアステカ王国征服して新大陸の産物をヨーロッパに運んだ16世紀に、トマトの種を […]

続きを読む
level003
i-am-brucelee

細マッチョでオシャレに健康改善!

有酸素運動と並んで、健康の維持、増進、メタボの改善に役立つのが「筋トレ」です。 筋肉のついたたくましい体をスペイン語でマッチョ(macho)といいますが、このマッチョには「細マッチョ」と「ゴリマッチョ」の二つがあります。 […]

続きを読む
20 / 30« 先頭...10...1819202122...30...最後 »