なぜ病にかかるのか
癌の原因
level005
21d7e290

「ミトコンドリア」ストレス反応

遺伝子そのものの変異(遺伝子配列の変化)ではなく、遺伝子のスイッチのオン/オフを変化させる現象を「エピジェネテイクス」と呼びます。 「ジェネテイクス」が「遺伝子」という意味ですから、それに「上の」、「外の」というエピとい […]

続きを読む

level005
7d1404e5310c43e870dc8911c7ccb6f792ecb01d1396881759

ナースやCAに乳がんが多い理由

夜間勤務の多いナースや、キャビンアテンダントなどのシフト勤務者に乳がんが多いという報告があります。 最近の研究では、深夜0時過ぎの労働を含む交代勤務者の乳がんリスクは、日勤者と比較すると、1・8倍になり、リスクの上昇は、 […]

続きを読む

level005
img_0

抗がん剤の効果の真実は?

抗がん剤の効果として、以前から指摘されていることがあります。 それは、抗がん剤そのものの効果ではなく、抗がん剤による食欲不振、吐き気、味覚異常、体重減少などの副作用によって結果的にカロリー制限になっていることが腫瘍減少に […]

続きを読む

level005
1254366910_2

スティーブ・ジョブズの本当の死因

スティーブ・ジョブズ。 いわずと知れたアップルの偉大な創始者です。 iphoneやipadのことではなく、「なぜ、彼が56歳の若さでこの世を去ったのか?」についてみていきたいと思います。

続きを読む

level005
blood110314

「分子標的療剤」の正体

この分子標的療剤については大変興味深い事が起こっています。 それは、投与していると耐性のガン細胞が出現してくるという事実です。 これは、まさに抗生物質の乱用によって、手の付けようのない多剤耐性菌が出現してくるという苦い歴 […]

続きを読む

level005
f0049505_16334012

サルからの警告

ニホンザルのお話です。 日本で、野生のサルの餌付けが始まったのは、1952年のことです。それから3年後に、初めて奇形のサルの発生が報告されました。 兵庫県淡路島モンキーセンターでは、1967年に餌付けを開始、その2年後に […]

続きを読む

level005
7~1

ガンの転移とマクロファージ

マクロファージとはどういったものなのか,理解しやすい以下の動画をまずご覧ください。

続きを読む

level005
medium_4199675334_thumb

進行する癌に無力な現代医療

現代医療のガンに対する標準的な治療方法は,手術,抗がん剤,放射性医療の3つであることは,ここ20年まったく変わっていません。 しかし,手術のテクニック,新しい抗がん剤,効果的な放射性治療という療法の進化,さらには,免疫療 […]

続きを読む

level005
nitoro

ニトロソアミン?

ニトロソアミンとは・・・。 強力な発がん性物質とされ,非常に厄介なのが,体の中で生成される点。もともと発がん性はない亜硝酸塩とアミン類ですが,その二つが同時に胃に入ると胃酸によって生成されてしまいます。

続きを読む

level005
CF148

自然界に存在しない物質がガンを引き起こす!

食品に含まれる「食品添加物」は生き物(人間)の食べるものではありません!! 人間の食べ物は,炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素で,私たちの体を育むものです。 現在,食品の多くは機械によって大量生産 […]

続きを読む

1 / 212