なぜ病にかかるのか
栄養不足
level005
s05-img03

ストレスに対抗する栄養があった!

ストレスを受けただけでも、必要な栄養素は消耗されていきます。ストレスと聞くと、すぐに仕事での人間関係や環境の変化などで精神的にダメージを受けることだけをイメージしがちですが、私たちは日常生活を送るなかで、じつにさまざまな […]

続きを読む

level005
raku_lamb_m05

ベジタリアンでは健康になれない④

食事中の脂肪は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。 「飽和」というのは、化学式上に二重結合がなく、水素で飽和されている脂肪です。飽和脂肪酸の代表は、ココナッツオイル・パームオイル・母乳などのラウリン酸、牛肉・卵・ミ […]

続きを読む

level005
201009-02img

ベジタリアンでは健康になれない③

では、ベジタリアンでは健康になれない①前記3の「ミネラル欠乏」についてはどう考えればいいでしょうか? べジタリアン、ヴィーガンの食事は、全粒穀物、マメ科の植物(大豆、レンズ豆、エンドウ豆、ピーナッツなど)なしには成立しま […]

続きを読む

level005
img_1

ベジタリアンでは健康になれない②

また、このビタミンB12欠乏症に関連しますが、ベジタリアンでは健康になれない①(前記2)の「高濃度ホモシステイン」によるダメージも無視はできません。 血液中のホモシステインは血管内皮細胞を傷つけます。したがって、厳格なヴ […]

続きを読む

level005
beji1

ベジタリアンでは健康になれない①

ローカーボ食(糖質制限食)よりも歴史の古い食事法として、肉類などの動物性食品を制限するべジタリアンやヴィーガン(日本では精進料理、マクロビオティックに相当)の食生活があります。

続きを読む

level005
20140213114351

低血糖症と犯罪の研究報告

アメリカのアレクサンダー・シャウスの著書『栄養と犯罪行動』と言う本があります。 実に多くの研究が紹介されています。中でも注目すべきは、「糖」に関する、低血糖症と犯罪の関係の研究です。

続きを読む

level005
pitagora-digimuzutitle

脳にスイッチを入れるカルシウム

ミネラルで忘れてはいけないのはカルシウムです。 神経伝達物質が神経細胞から放出されるためには、カルシウムが絶対必要です!たとえば、気分が落ち込んだ状態にある時には、「やる気を出せ」と言う信号が神経細胞に伝わります。 それ […]

続きを読む

level005
caption

玄米菜食やマクロビに科学的根拠はない!

食事健康法やダイエット食の代表格として、皆さんの意識にかなり浸透している「玄米菜食」「マクロビオティック (Macrobiotic)」・・・・。 実は、科学的な裏付けが明確でない(あるいは一切ない)ものや、ものによっては […]

続きを読む

level005
whatsnew5847061544c3138ab31c66

脚気の原因は?

大昔の狩猟採集時代に人類は,マンモスのような大きな動物からシロアリのような昆虫まで多くのたんぱく質を摂取していました。 これに加えて,植物からもビタミン,ミネラル,食物繊維,フィトケミカルなどをとっていました。しかし,1 […]

続きを読む