食材に気をつけよう
野菜があぶない!!
level002
641c66ea248788857f5552f4cd8e04fd_l

ピーマン、ししとう、とうがらし。

名前も、形も、色も、そして味もみんな違いますが、これらは全てナス科とうがらし属の同一植物です。 1492年、コロンブスがインドと間違えてアメリカに到達したとき、インド原産の木の実であるコショウと勘違いしてとうがらしをヨー […]

続きを読む

level002
imgp1784

完熟トマトへの壮大な道のり

トマトは、ミュータント(突然変異)です。 南米原産のトマトの原種は、全て小さなミニトマトでした。 現在の大トマトは、遺伝子を調べると、スペインがアステカ王国征服して新大陸の産物をヨーロッパに運んだ16世紀に、トマトの種を […]

続きを読む

level002
f594c5a0daf13305c5f2387ae85b5747

本来の環境適応性をもつ固定種野菜

固定種の地方野菜や伝統野菜は,大量生産や周年栽培に向かない代わりに,適期に播種(はしゅ)して適期に収穫する「旬の味」と個性的な姿,形が画一化した「F1種野菜」に飽きたりない人たちを魅了しています。 この伝統野菜を地域の特 […]

続きを読む

level002
234_34881

おいしい健康な玉ねぎはどこ行った?

玉ねぎは,古代エジプトの壁画の残っているほど歴史の古い野菜です。 しかし,日本で栽培されるようになったのは明治10年代にアメリカから導入されて以後のことです。 アメリカから来た品種は,「イエロー・グローブ・ダンバース」「 […]

続きを読む

level002
CQ069_L

遺伝子組み換え作物(F1種)の蔓延

それぞれの地域の気候,風土に適応する形で選抜・固定を繰り返して,途切れることなく守られてきた固定種や在来種の野菜。 しかし,現在,多くの野菜が単作,均質,量産化の効率性だけが求められ,固定種野菜が衰退,消滅の危機にさらさ […]

続きを読む