食材に気をつけよう
小麦を食べるな!
level002
d0070361_16224058

セリアック病

小麦の関与が決定づけるれている病気はセリアック病です。セリアック病患者は、種々の悲惨な合併症を引き起こさないようにするために、小麦食品を食べないようアドバイスされます。 では、小麦を食べなくなった彼らの体験から、いったい […]

続きを読む

level002
100416A5B5A1BCA5E2A5F3A5B5A5F3A5C9

なんとも醜態!男の女性化乳房

小麦腹は単なる美容上の問題ではなく、実質的に健康に影響を及ぼす現象です。 内臓脂肪は、レプチンなどの炎症ホルモンを分泌するだけでなく、男女ともにエストロゲンを作りだす工場にもなります。お尻が大きくなる、胸が膨らむなど、女 […]

続きを読む

level002
harau1

インスリンでものすごく「ハイ」になる

なぜ小麦はほかの食べ物より肥満を招きやすいのでしょうか? ぽっこり小麦腹を膨らます元凶は高血糖です。血糖値が高くなるとインスリンの血中濃度も高まります。しかし、血糖値上昇に対し、インスリンを生産する膵臓の能力が追い付かな […]

続きを読む

level002
naizo_man_thum

内臓脂肪はこれほど恐ろしい!

小麦によって、インスリン反応による満腹感と空腹感のサイクルが誘発され、多幸感と禁断症状が繰り返され、神経機能が麻痺して中毒作用がもたらされ、この全てが脂肪沈着につながります。

続きを読む

level002
id00027

全粒穀物は危ない!真実は一部のみ。

栄養学では、全粒穀物が必要な食品としてもてはやされています。しかし、このアメリカ農務省承認の”心臓に良い”食品成分、食事法の指導者たちが声をそろえてもっと食べなさいと勧める食べ物は、むしろ人類史上 […]

続きを読む

level002
pan

小麦が引き起こす中毒症状

中毒。禁断症状。妄想。幻覚。数ある食品の中で小麦は脳に奇妙な影響を与えます。小麦は、いわば食品の”ヘロイン”であり、脳や神経系に特異な影響を及ぼすことにかけてはほかに並ぶものは有りません。 疑う余 […]

続きを読む

level002
geri

小麦に潜むグルテン以外の悪玉

グルテン以外にも人体に悪影響を及ぼす物質があります。 それは、アルブミン、プロラミン、グロブリンなどの20%前後の非グルテンたんぱく質があり、それぞれが品種によって異なる可能性があります。 合計で1000種を超えるほかの […]

続きを読む

level002
4681d27b-s

小麦が引き起こす「死につながる悪連鎖」

小麦にはモルヒネに似た効果がある・・・・。 その上、アミロペクチンAが引き起こすブドウ糖とインスリンのサイクルが生じることから、事実上の食欲増進剤です。 小麦摂取によるブドウ糖ーインスリンー脂肪の連鎖が体重増加の根底にあ […]

続きを読む

level002
fig2

小麦の糖分が体を破壊する!

よく聞くアドバイスでは、全粒粉小麦パンは健康に良いとされています。それは、食物繊維やビタミンB、複合糖質が含まれているからです。 しかし、話はそれだけでは終わりません。小麦という穀物の中身を調べてみましょう。食物繊維の量 […]

続きを読む

level002
01_0138

IMWICの悪魔の品種改良

現在世界中に供給されている意図的に品種改良された小麦は、その大半が国際トウモロコシ・コムギ改良センター(IMWIC)で開発された品種の子孫です。 1943年にロックフェラー財団とメキシコ政府の協力のもとで、農業の自給自足 […]

続きを読む

1 / 212