食材に気をつけよう
体内で活躍!の栄養素
level002
kafunshou005

ビタミンD

カルシウムの代謝に関与し、骨や歯の形成に欠かせません。 ビタミンDは脂溶性ビタミンの一つです。D2とD3の二つの成分が認められています。どちらも体内での作用に違いはなく、効力もほぼ同じです。

続きを読む

level002
phm06_0764-s

ビタミンA

皮膚や目などの健康を守り、感染症を予防する働きをします。 ビタミンAは脂溶性性ビタミンの一つです。体内でビタミンAとして働く成分としては約50種類が知られています。代表的なものが、動物性の食品に含まれる「レチノール」と植 […]

続きを読む