身体に溜まった毒素を排出

排毒力を高める三原則

level004
_DSC1545

身体の排毒力を高めるには「発酵食品」「食物繊維」「運動」の3つが必要だと思います。

まずは、発酵食品で、特におすすめするのが味噌、納豆、漬物などの日本の伝統的な発酵食品です。

日本の伝統的な発酵食品は、私たち日本人の腸に合っていて、負担をかけません。

「ヨーグルトやチーズなどの、乳酸菌が豊富なものを多く摂取しましょう」とよく言われますが、欧米人と違い、私たち日本人の腸は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品と相性が良くありません。

これらは、腸にダメージを与えて下痢を起こすので、「便秘に良い」と皆さんが思い込んでいるだけです。テレビのCMなどで、腸にいいイメージを植え付けているのも問題でしょう。ぜひ、和食の中で発酵食品を摂るようにしてください。

次に食物繊維です。

食物繊維と言えば「生野菜」をイメージする方も多いと思いますが、1日に必要な食物繊維を生野菜で摂ろうとすれば、バケツ1杯分にもなってしまいます。また、生野菜や果物ばかり食べていると身体が冷えますし、ドレッシングやマヨネーズなどで添加物やカロリーの過剰摂取につながります。

酵素や熱で分解されてしまうビタミン類の摂取を考えれば多少は必要ですが、生野菜や果物をメインにして食べるのは避けた方がいいでしょう。野菜は火を通して食べる工夫をして下さい。和食なら、味噌汁、煮物、おひたし、焼き物、蒸し物など、調理法は様々です。バリエーションは豊かに、季節ごとの野菜を楽しんでください。

果物は、野菜以上に糖分(果糖)の過剰摂取につながりやすいので、食べすぎには十分注意しましょう。1日の摂取量の目安は、すべての種類を合わせて1個です。オススメなのがオクラや納豆などのネバネバしたもの、わかめやひじきなどの海藻類に含まれる食物繊維です。これらの食品には、腸に優しく、身体に吸収されやすい「水溶性の食物繊維」が含まれています。

排毒力を高めるための食事として、和食はまさに理想的なのです。

最後は「歩く」です。

こまめに歩く事は、便秘解消の為にも有効です。身体を動かすことによって、腸も同時に動き出します。また、副交感神経が優位になったとき、便意や尿意を催します。

歩く事は副交感神経を優位にする働きがありますから、ウォーキングは、他の運動よりも、身体に備わった天然の「排毒」効果を高めることにつながります。一方、走る、泳ぐなどの激しい運動は、交感神経を優位にする働きがあります。

便秘解消のための運動をして腸を動かす場合には、歩く程度の軽い運動をおすすめします。

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
身体に溜まった毒素を排出
yashica02

セレンで重金属排泄!

環境ホルモンのひとつである水銀に関連した中毒では水俣病があります。たくさんの人々がメチル水銀に冒されました。 新潟県でも無機水

身体に溜まった毒素を排出
img55547860

東洋の毒出し術

広島をよみがえらせた「炭」パワー! 原爆で焼け野原と化した広島には、その翌年すぐに緑が芽吹きました。 それは、焼けた日本家屋の



Leave a Reply

*