食材に気をつけよう

内臓脂肪はこれほど恐ろしい!

level002
naizo_man_thum

小麦によって、インスリン反応による満腹感と空腹感のサイクルが誘発され、多幸感と禁断症状が繰り返され、神経機能が麻痺して中毒作用がもたらされ、この全てが脂肪沈着につながります。

過度の高血糖値とインスリン量は、脂肪の中でも特に内臓脂肪を増やす原因になります。この状態が何度も繰り返されると、肝臓、腎臓、膵臓、大腸や小腸にまで内臓脂肪が蓄積し、外見ではおなじみのぽっこり小麦腹をもたらします。(心臓まで肥大します)

これは、数か月から数年にわたって高血糖と血中インスリン濃度上昇のサイクルが繰り返され、インスリン反応による脂肪沈着が起きることによって生じます・・。

ここから先は プレミア部員 限定です。

部員登録に関しては、
こちらをクリックして確認して下さい。

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
食材に気をつけよう
100416A5B5A1BCA5E2A5F3A5B5A5F3A5C9

なんとも醜態!男の女性化乳房

小麦腹は単なる美容上の問題ではなく、実質的に健康に影響を及ぼす現象です。 内臓脂肪は、レプチンなどの炎症ホルモンを分泌するだけ

食材に気をつけよう
fig2

小麦の糖分が体を破壊する!

よく聞くアドバイスでは、全粒粉小麦パンは健康に良いとされています。それは、食物繊維やビタミンB、複合糖質が含まれているからです

食材に気をつけよう
m_101007oe01

健康にも気を使い、運動していてもなぜ太るのか?

脂肪を減らし、コレステロールの摂取量を減らして淡水化物のカロリー量を増やしましょうというトレンドにおいて、小麦を原料とした食品

食材に気をつけよう
data

小麦は世界で最も破壊された食材

私たちが日々食べているマフィンやパンなどに巧妙に形を変えているものは、かつての小麦ではなく、20世紀後半に行われた遺伝子研究に



Leave a Reply

*