食材に気をつけよう

人体への影響が考えられる添加物を覚えよう

level002
add

これまで数多くの添加物を紹介してきましたが、特に危険なものをまとめてみました。

これらの添加物を含む食品はできるだけ避けてください。

体内で異物となって、臓器などに障害をもたらす可能性がある

・アセスルファムカリウム
・スクラロース

催奇形性やその疑いがある

・防かび剤 TBZ(チアベンダゾール)
・酸化防止剤 EDTA-Na(エチレンジアミン四酢酸ナトリウム)

急性毒性が強く、臓器などに障害をもたらす可能性がある

・防かび剤 イマザリル、ジフェニル
・漂白剤 亜硫酸Na 次亜硫酸Na ピロ亜硫酸Na ピロ亜硫酸K 二酸化硫黄
・保存料 安息香酸Na パラベン

発がん性やその疑いがある

・着色料 タール色素(赤色2号・赤色3号・赤色40号・赤色120号・赤色104号・赤色105号・赤色106号・黄色4号・黄色5号・青色1号・青色2号・緑色3号)二酸化チタン・カラメルⅢ・カラメルⅣ

・甘味料 アスパルテーム・ネオテーム・サッカリン・サッカリンNa
・発色剤 亜硝酸Na
・防カビ剤 OPP(オルトフェニルフェノール)
・漂白剤 過酸化水素
・乳化剤 ポリソルベート60・ポリソルベート80
・酸化防止剤 BHA(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
・小麦粉改良剤 臭素酸カリウム

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
食材に気をつけよう
margarin03

非常に危険なトランス脂肪酸!!

脂質に含まれる脂肪酸の一種、「トランス脂肪酸」です。トランス脂肪酸は、狭心症や心筋梗塞など冠動脈疾患のリスクが高まります。 最

食材に気をつけよう
1003957_98738018

医師の間で警戒される「タール色素」

現在、スーパーやコンビ二などで売られている加工食品のほとんどに食品添加物が使われていますが、それがアレルギーを起こすケースがあ

食材に気をつけよう
tennkabutu

絶対に避けるべき”添加物”

現在、日本で使用が認められている食品添加物は約1500品目になります。 ただ、合成香料はエーテル系、エステル系、アルデヒド系、

食材に気をつけよう
20120519_2874638

知らない間に遺伝子組み換え食品を食べている?

自分は「遺伝子組み合え食品」を食べていない! と思っている人がほとんどだと思います。 しかし、実際にはそんなことはありません!



Leave a Reply

*