身体に溜まった毒素を排出

レバーを安心して食べる法

level004
A5ECA5D0A1BC

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。

ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。

レバーは、鉄分や葉酸を多く含みます。とりわけ妊婦や授乳中の女性には、葉酸を効率 的に摂取できるレバーはおすすめ。血液を作る鉄と葉酸だけでなく、赤血球の再生を 促すビタインB群も含まれているため、貧血予防にも効果的です。

選ぶコツ!

黒ずんでいるものは避け、赤みがかって鮮やかなものを選びましょう。表面がつやつやしていて、瑞々しいものがおすすめです。できれば、塊をおすすめします。

ココに注意!

体内に摂取されてしまった有害物質は、解毒の役目を果たすレバー(肝臓)に集結してしまうため、不安はかなり大きいです。

血抜きをしたら、つけ汁に

レバーというのは、臓器でいえば肝臓です。肝臓が体内で行っている大きな役目は「解毒」。有害な物質を分解して、無害なものへと処理する臓器です。つまり、レバーは有害物質が集まる場所です。食べる前にしっかりと除毒をすることが大切です。

除毒するためには、「血抜き」の作業を行います。鶏レバーの場合は、まず、黄色い脂肪や筋を摂り除きます。そのあとは牛も豚も共通で塩水で軽くもみ洗いをして、新しい塩水に30分ほどつけておくのが一般的です。

また、流水で洗った後、沸騰したお湯に10秒ほどくぐらせて氷水につける方法もあります。除毒効果をさらに高めるには、血抜き作業をしたあとに醤油ベースのつけ汁に漬けこみます。つけ汁の中に、生姜やにんにく、ネギなどを入れるとさらに臭み消しにもなります。

除毒テク
・脂肪を取り除く
・塩水でもむ
・塩水につける
・霜降りする

気になる有害物質
・農薬
・ダイオキシン
・抗菌性物質

匂い消しの目的で、牛乳につける方法がありますが、牛乳では除毒効果はありません。まず、醤油ベースのつけ汁に漬けてから、そのあとに牛乳につけるとよいでしょう。

残留農薬や添加物は,あらゆる病に関係していますから注意が必要ですね。不安物質を少しでもこの調理法で,大幅に軽減しましょう。

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
身体に溜まった毒素を排出
img_4862

ゴーヤを安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体

身体に溜まった毒素を排出
rais

米を安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体

身体に溜まった毒素を排出
gobo

ごぼうを安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体

身体に溜まった毒素を排出
134679363396213215496_013_20120905062033

ニラを安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体



Leave a Reply

*