食材に気をつけよう

ビタミンCはレモンの2倍!

level002
20091014_1285522

「あの人、ちよっとピーマンよね」などの会話を聞いたことがめるでしょうか。

野菜の話ではなく、じつはすこし前にはやった言葉なのですが、人物評の表現の一種とでもいいましょうか。ピーマンは果肉が少なく、中身はからっぽといったことから、あまり内容がないといった意味に使われていました。

ですから、ピーマンといわれ、緑がみずみずしくたくましいなどと喜んではいられない、というわけです。

実際に中身のないピーマンではあるものの、栄養面でかなり優れた野菜です。ビタミンAとCが豊富で、Cはレモンの2倍近くを含んでいます。そのほか高には、ビタミンB1、B2、p、鉄分、カルシウムもあります。夏の緑黄色野菜としてピーマンには、高血圧、糖尿病、整腸、疲労回復といった効用があります・・・。

ここから先は プレミア部員 限定です。

部員登録に関しては、
こちらをクリックして確認して下さい。

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
食材に気をつけよう
pr00027

日本でもっとも古いと言われる野菜

八百屋の店先に、大根と並んでかぶが登場すると、「そろそろ冬将軍の到来かな」などと八百屋さんで季節を知らされることがあります。

食材に気をつけよう
333

体の熱を冷やす夏向き野菜

ハウス栽培で1年中食卓に登場しているので、きゅうりが夏のものだとは思わない人も多いのでは。旬が夏というだけではなく、きゅうりそ

食材に気をつけよう
5_IMG_0598

ダイエットに最適の夏野菜

冬瓜と書いて「とうがん」と読みますが、冬のものではありません。 盛夏の季節野菜ですが、貯蔵ができ、冬でも食べられることからこの

食材に気をつけよう
o0640048010391888678

ガン予防で注目される”にんじん”

にんじんの栄養は、いうまでもなく、カロチンがびっくりすることが多いことです。それだけでなく、ビタミンB1やB2、C、カルシウム



Leave a Reply

*