食材に気をつけよう

とにかくマーガリンをやめよう!

level002
03_m

脂肪ーその名前を聞いただけで眉をひそめる方が多いのではないでしょうか。

低脂肪・低カロリーばかりが叫ばれる今日、「健康とは相反するもの」という認識すらあるかもしれません。しかし、何かと悪名高きこの栄養素も、人間にとってはなくてはならない存在です。

脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の二つがあり、飽和脂肪酸は牛肉や豚肉、乳製品など動物性の脂肪に多く含まれています。不飽和脂肪酸はさらに、オメガ3系不飽和脂肪酸(以下オメガ3)とオメガ6系不飽和脂肪酸(以下オメガ6)という主な二種類に分類できます。

オメガ3には、サケやイワシなどの魚油に多いエイコサぺンクエン酸(EPA)やドコサへキサエン酸(DHA)、フラックスオイル(亜麻仁油)やシソ油に多いαリノレン酸などがあります。αリノレン酸は体内でEPAやDHAに変化します。

一方のオメガ6は、コーン油やゴマ油、マヨネーズなど、一般的な植物油の主成分であるリノール酸や、動物性の脂肪に飽和脂肪酸とは別に含まれるアラキドン酸が該当します。リノール酸は体内で主にアラキドン酸に変化します。

飽和脂肪酸は体内で合成できるため、食事から必ずとらなければならないというわけではありません。むしろ、とりすぎによる弊害のほうが指摘されるくらいです。牛や豚の体温は人間より高いため、これらの動物の脂肪は融点が高い、つまり高温にならないと溶けないのが特徴です。こんなに固まりやすい脂肪を体温の低い人間がとりすぎれば、血管や血液に悪影響を及ぼすのは容易に想像できるでしょう。

これに対し、オメガ3とオメガ6はどちらも私たちの体内では作り出されないことから、食事などを通して外から補、つ必要がある必須脂肪酸です。そして、このニつの必須脂肪酸が全く正反対の性格を持っているということが、大きな特徴であると同時に、注意しなければならない点です・・・・。

ここから先は プレミア部員 限定です。

部員登録に関しては、
こちらをクリックして確認して下さい。

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
食材に気をつけよう
5877bb3a

腸粘膜のバリアを破る「危険な物質」

慢性病の原因として、環境因子、遺伝的体質などいくつか考えられますが、その中でも、腸に穴が開く「リーキーガット」は腸粘膜のバリア

食材に気をつけよう
P1010233

氾濫する砂糖飲料・砂糖菓子の恐怖

息子に暴力をふるった父親の食生活 ある父親(教員)から聞いた、わが子への暴力の話です。 「中学二年の息子が、夏休みの宿題を未消

食材に気をつけよう
05b42dd1f628048a35ba93c6112b5f5e

ミネラル不足を招く「畑の肉」

大豆が「畑の肉」と呼ばれるように、豆類は全般的に良質なたんぱく質だといわれています。 ベジタリアンやヴィーガン(日本では、精進

食材に気をつけよう
baishat

白砂糖を摂ることの問題点

最近でも、「砂糖は脳のエネルギー」というスローガンのもと、砂糖の摂取がすすめらことがめる。スプーンに山盛りにされたグラニュー糖



Leave a Reply

*