身体に溜まった毒素を排出

ごぼうを安心して食べる法

level004
gobo

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。

ここでは安全に食するための具体的方法をご紹介します。

選ぶコツ!

太さが均一でまっすぐで、ひげ根が少なくひび割れがないものが良品。

ココに注意!

ごぼうの表面についた泥に農薬やダイオキシンが混入している可能性あり。

表面の泥をしっかり落としてから調理する

ごぼうは、土の中で育つので直接農薬はかかりません。その点で安心なのですが、ごぼうの表面に残った泥には土壌消毒剤やダイオキシン、塩素系農薬などが含まれている可能性があります。

こうした有害物質を下ごしらえの段階でよく落とすことが大切です。まず、水を流しながらごぼうの表面をたわしでよく洗い、泥を落としたら包丁の背の部分で薄皮を削り落とします。薄皮を取り除くことで、表皮下にしみ込んだ有害物質を除去することができます。

さらに、ごぼうを持って回しながら削るように切る「ささがき」を行いましょう。水に少量の酢を入れて酢水を作り、その中にささがきしたごぼうを入れておけば、切り口から有害物質が溶け出します。ささがきごぼうを酢水にさらすという定番のあく抜き法は、残留農薬などを除去する安全対策としても一番効果的です。

除毒テク
・流水にさらす
・酢水につける
・薄皮を落とす

気になる有害物質
・塩素系農薬
・ダイオキシン
・土壌消毒剤

ささがきにしてから酢水にさらせば、アク抜きと除毒の2つの効果が期待できます。

残留農薬や添加物は,あらゆる病に関係していますから注意が必要ですね。不安物質を少しでもこの調理法で,大幅に軽減しましょう。

     

今では、病気には全く罹らず、体の芯からエネルギーが湧く毎日を過ごし、人生を前向きに楽しく過ごせています。

体は「人の生き方」を映し出す鏡のようなものー。日本は世界有数の長寿大国になりました。しかし、それに比例して病気になる人の数も増加しています。

『医者や薬に頼らない心身強化部』が多くの読者に支持されている背景には「病気にならずに、健康で長生きしたい」と感じている方が多いからに違いありません。

『医者や薬に頼らない心身強化部』は、「病気にならずに健康に生きるコツ」をお伝えしています。私が得た「真の健康」情報を、まずは、正部員(メルマガ会員)という形で共有させていただき、部員全員で「真の健康」を目指していくWEB上の健康部活動です!

この活動は間違いなく貴方の人生に大きな幸をもたらすはずです。健康で一生を過ごす事。これは人生を豊かにします。今現在体調の悪い方も、ライフスタイルを改善する事で体調の変化を感じて頂けるはずです!!

なぜ、私が健康になったのか?無料公開中です!

医者や薬に頼らない「心身強化部」

お名前*
メールアドレス*
このカテゴリーの関連記事
身体に溜まった毒素を排出
momo_stake-01

牛肉を安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため飼育方法や栽培方法、時期によって【農薬】【化学物質】の心配が異なります。 ここでは

身体に溜まった毒素を排出
A5ECA5D0A1BC

レバーを安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体

身体に溜まった毒素を排出
3246947949_3e2a08c661

いちごを安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体

身体に溜まった毒素を排出
o0550041210248723701

枝豆を安心して食べる法

現在は,どんな食材も一年中手に入り,そのため栽培方法や時期によって【農薬】の心配が異なります。 ここでは安全に食するための具体



Leave a Reply

*