level008
c0139575_1943684

「インフルエンザこわい」は本当か?

「新型インフルエンザ」と聞くとみんなが凍りつくのは、ひとつは「スパイン風邪」のパンデミック(感染爆発)のすさまじさが、今もよく語られているからでしょう。

スパイン風邪は今から約100年前、第一次世界大戦中に世界中に蔓延しました。

死者は5000万人という説もあり、アメリカでも多数の死者が出ました。

続きを読む
level002
feature_cheese02_1

ナチュラルチーズorプロセスチーズ?

チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。 牛乳やクリーム(乳から脂肪分を集めたもの)を固めて酵素で発酵させたものがナチュラルチーズです。このナチュラルチーズを数種類混ぜ、加熱して溶かし、加工したものがプロ […]

続きを読む
level005
20141111200723156

ガンは怖くない!

ガンという病気に対して、ふつうの人はたいへんな恐怖を抱いています。 かかってしまつたら最後、もう治らないと思っている人が多いようです。しかし、免疫力がある程度残っていれば、つまり、体力の消耗がまだ進んでいなければ、かなり […]

続きを読む
level005
2014-10-12_182809

ビタミンとミネラルの補給は旬のものを食べよう!

野菜や果物の栄養価はみなさんご存じの通りです。 狩猟採集時代の人々も新鮮な葉っぱ類やフルーツでビタミンとミネラルを補給していたことでしよう。みなさんも安心して食べてください。 これらの栄養素はたんぱく質や脂肪などの消化吸 […]

続きを読む
level006
aminosan_oke

肉より魚や豆腐がヘルシー?

ある食品がへルシーかどうかは、それを食べる動物の種によってまったく異なります。 たとえば、ウシにとって牧草はへルシーです。しかし、人間にとって牛肉はへルシーで牧草はへルシーとはいえません。へルシーの基準にはいろいろな要素 […]

続きを読む
level002
tennkabutu

絶対に避けるべき"添加物"

現在、日本で使用が認められている食品添加物は約1500品目になります。 ただ、合成香料はエーテル系、エステル系、アルデヒド系、ケトン系、フェノール系、有機酸系などグループで指定されています。 一つのグループには何十品目も […]

続きを読む
level005
20120425_china02

心療内科でも栄養は無視

医師のまちがった食事指導で病みはじめ、心療内科を主とする多くの医師の治療を受けたが、結局十年間も病み、青春時代を犠牲にさせられた、ある女性のことを紹介します。

続きを読む
level001
suibun1

体内の水分量は減らさない

インフルエンザウイルスなど、人に感染して風邪症状を引き起こす病原菌は、気温20度、湿度65%の環境では活動力を弱めることが知られています。 高温、高湿度のもとでは死んでしまうのに、低温、低湿度のもとでは長時間生き残り、空 […]

続きを読む
level002
daikonorosiyoko

大根おろしの酵素が夏バテから守ります!

日本の夏は、高温多湿でつらいものです。 営業職のFさん(40歳)は、猛暑の中、スーツ姿で奮闘していましたが、夏バテで食欲がなく体重が減少。「外回りもきつい」と診察室で肩を落としました。 夏の終わりから秋口にかけて、胃が食 […]

続きを読む
level008
28ff21da

寝たきりになると長い?

私がはじめて「ピンピンコロリ」ということばを耳にしたのは、一九九八年だったと記憶しています。アメリカの知人からPPKということばを知っているかと訊かれ、アメリカの流行語かと思ったら、日本で生まれたピンピンコロリ(死ぬ間際 […]

続きを読む
level006
o0504037810490092132

オリジナルスパイスのチキンカレー!

カレー粉に数種類のスパイスをプラスして、本格派の味に仕上げます。 食べ応えのある野菜もたっぷり使っていますので、添えるご飯量を控えめにしても、物足りなさは感じません。

続きを読む
1 / 3012345...102030...最後 »